日産 ノート e-POWER NISMO S が走行不能でリコール…ヒューズ劣化

ノート e-POWER NISMO S
ノート e-POWER NISMO S全 4 枚

日産自動車は12月1日、『ノート e-POWER NISMO S』が走行不能となるおそれがあるとして国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。対象となるのは2018年8月21日~2020年7月28日に製造された4856台。

ノート e-POWER NISMO Sノート e-POWER NISMO S

対象車両は、リチウムイオンバッテリ内部ヒューズの仕様設定が不適切なため、運転の仕方によっては早期に劣化が促進することがある。そのままの状態で使用を続けると、最悪の場合、ヒューズが溶断し警告灯が点灯するとともに、モータへの電力供給が停止し走行不能になるおそれがある。

改善措置として、全車両、リチウムイオンバッテリ内部ヒューズを対策品に交換する。

ノート e-POWER NISMO Sノート e-POWER NISMO S

不具合は34件発生、事故は起きていない。市場からの情報によりリコールを届け出た。

《纐纈敏也@DAYS》

【注目の記事】[PR]

ピックアップ

アクセスランキング

  1. トヨタが『GRクラウンスポーツ』を計画中!? 新たな高性能フラッグシップSUV登場となるか
  2. 三菱デリカ『D:6』準備中、D:5が19年ぶりにフルモデルチェンジ
  3. あさひが新型電動アシスト自転車『ENERSYS U』発売…自動的にアシストモードを切り替え
  4. BMW 1シリーズ 新型で最強の『M135i』、その中身とは[詳細画像]
  5. 「ソアラ」の翌月に登場した2代目『レパード』の衝撃【懐かしのカーカタログ】
  6. オージーケーカブト、「ウルトラクールシステム」採用ヘルメットに新グラフィック登場
  7. [音のプロが推す“超納得”スタートプラン]「音質を変える」か「音響環境を整える」か。
  8. アントレックスがフル電動三輪ビークル『Entre Cargo』発売
  9. メルセデスベンツ Vクラス のキャンピングカー、「マルコポーロ」に改良新型…欧州で発売
  10. レクサス『GX』新型、移動キッチンカーに…リアは観音開きに変更
ランキングをもっと見る