ギブソンのハイエース&エブリイカスタムに注目! 新2ピースホイールも登場…東京オートサロン2023予定

ハイエース最新デモカー 『GRAFAM Gren(グラファム・グレン)』
ハイエース最新デモカー 『GRAFAM Gren(グラファム・グレン)』全 9 枚

ギブソンを運営する株式会社ストーク(所在地:福岡県糸島市志摩岐志1246-2)は2023年1月13日から15日までの3日間、幕張メッセで開催される東京オートサロン2023に出展。

トヨタ『ハイエース』をベースにしたオリジナルエアロやホイールを投入した『GRAFAM Gren』、シボレー『カマロ』をモチーフにしたスズキ『エブリイ』ベースの『EVERY SS』が展示される。ギブソンのエアロパーツは自社工場で製作生産していて、あくまでもメイド・イン・ジャパンにこだわって高品質なエアロパーツの商品開発に力を注いでいるメーカーだ

CAMYURA 2ピースホイールCAMYURA 2ピースホイール

展示車両の1台がハイエース(標準ボディ)をベースにしてカスタムを施したGRAFAM Gren(グラファム・グレン)。このデモカーで注目となるのが新作となるオリジナルホイールである「CAMYURA(カミュラ)」の2ピースモデル。18インチ×8.0J IN38のスペックを持ち注目の足まわりコーディネートを完成させている。

またエアロキットには1980年代に一世を風靡したDTM(ドイツツーリングカー選手権)の車両を彷彿とさせるデザインを備えつつ箱車GTカーとして再現しているのも見どころ。鋭角なダクトフォルムや大口径のエアスクープ、低く構えたリップデザインなどがレーシーなフォルムで仕上げている。さらに内装にもオリジナルパーツを採用、シートカバーにはGRAFAM DUOシートカバー、ステアリングもギブソンオリジナルを採用してインテリアのコーディネートも注目。

エブリイSSエブリイSS

もう一台の出展車両がエブリイベースの『EVERY SS』(エブリイ・エスエス)。エブリイに対して1969年式シボレー・カマロをモチーフにしたフェイスキット「エブリイ・エスエスフェイスチェンジキット」を投入。エブリイにあり得ないほどの立体フェイスを表現しているのが見どころとなっていて、マッスルカーをイメージしたスポーティなスタイリングが決まるエブリイに仕上げている。

足まわりにはオリジナルホイールである「カミュラ」をセット(16インチ×5.0J IN52)。加えて内装にはGRAFAM DUOシートカバー、GRAFAM DUOベットキットを投入、日常ユースから車中泊までを堪能できる仕様となっているのが特徴となる。

《土田康弘》

【注目の記事】[PR]

ピックアップ

アクセスランキング

  1. BMW『X3』新型、欧州で発表…新デザイン言語採用の4代目
  2. 日産『Z』に2024年型、専用ノーズの「Zヘリテージエディション」設定…米国限定
  3. 【ノア vs ステップワゴン】スペック比較…人気ミニバンのガソリンモデル
  4. ワイドだけどマッチョじゃないポルシェ『911』、謎のプロトタイプは噂の新モデルか
  5. フォルクスワーゲン「R」、新型車を6月26日発表へ…『ゴルフR』 改良新型か
  6. レクサス『GX』新型、移動キッチンカーに…リアは観音開きに変更
  7. 日産自動車・人事情報 2024年6月1日付
  8. いすゞ、中型観光バス『ガーラミオ』改良新型発売…法規対応で安全性向上
  9. アウディのEVスポーツ『e-tron GT』、改良新型は表情変化…航続は609kmに拡大
  10. トヨタ株主総会、佐藤社長が陳謝、再任の豊田会長「喜んで“院政”を」[新聞ウォッチ]
ランキングをもっと見る