7月1日より道交法改正、LUUPが特定小型原付の電動キックボードを順次導入…安全対策も強化

LUUPが導入する新しい電動キックボード
LUUPが導入する新しい電動キックボード全 6 枚

Luupは、改正道路交通法の施行に伴い、7月1日から新しい交通ルールに則ったシェアリングサービス「LUUP(ループ)」の提供を開始する。

LUUPが導入する新しい電動キックボードLUUPが導入する新しい電動キックボード

7月1日以降、特定の基準を満たした電動キックボードは「特定小型原動機付自転車」(特定小型原付)に分類される。特定小型原付は電動機の定格出力が0.6kw以下、長さ1.9m、幅0.6m以下かつ最高速度20km/h以下のものが対象。ナンバープレート取付けおよび自賠責保険加入、最高速度表示灯の装備は必須だが、16歳以上であれば運転免許証は不要、ヘルメット着用は努力義務となる。

LUUPでは特定小型原付の基準を満たす新しい電動キックボードを順次導入する。新たに街中に配備する車両には6km/hモードボタンを搭載。自転車の通行ができるとされている標識等がある歩道にてのみ、6km/hで通行できるようになる。しかし、Luupではこれまで通り車道や普通自転車専用通行帯を主な走行場所とし、車道に駐車車両が多く左側走行ができない場合など、やむを得ない状況下でのみ、走行可能な標識のある歩道に入って危険を回避することを推奨する。

最高速度表示灯を搭載最高速度表示灯を搭載

なお、車両の入れ替えは順次進めていくため、当面はこれまでに提供している6km/hモードを搭載していない特定小型原付と、7月1日以降提供を開始する6km/hモードを搭載した特定小型原付が混在する形となる。利用の流れや料金、保険加入内容などに変更はない。

また、Luupでは正しくシェアリングサービスを利用してもらえるよう、安全対策を継続・強化していく。7月1日より東京・大阪・神戸で安全講習会を実施。東京海上ホールディングスと共同制作したガイドブックも改正法施行に際してリニューアルする。また、これまで、飲酒運転などの重大な違反が認められた利用者に関してはアカウントを停止する対応をしてきたが、今後は全ての違反に対してペナルティを設ける。

「6km/hモード」ボタンを搭載「6km/hモード」ボタンを搭載

《纐纈敏也@DAYS》

【注目の記事】[PR]

ピックアップ

アクセスランキング

  1. ヤマハ「パフォーマンスダンパー」が累計300万本、トヨタやホンダ車にも採用
  2. ジープの小型SUV『アベンジャー』に「e-ハイブリッド」を設定…欧州2024年型
  3. 『ランドクルーザーFJ』がデビュー⁉ 気になる姿を大予想…2月の新型車スクープまとめ
  4. ブガッティの新型ハイパーカー、V16ハイブリッド搭載 6月発表
  5. マツダ車愛好家必見! オートエクゼの最新パーツ実車装着体験してきた
  6. 【VW Tロック ブラックスタイル 新型試乗】VWの販売台数ナンバー1、その人気の理由…島崎七生人
  7. 【スズキ スイフト 新型】色、コントラスト、そして「3D」で表現した新世代のインテリアデザインとは
  8. 300万円台で買えるランクル誕生!? ヒット間違いなし『ランドクルーザーFJ』デビューは2024年内か
  9. BMWモトラッド『R 12 nineT』、新クラシックロードスター誕生…今春米国発売
  10. フィアット、新グローバルプラットフォームで新型車攻勢へ…2024年から毎年1車種ずつ
ランキングをもっと見る