6MTは継続?廃止? VWの最強ワゴン『ゴルフRヴァリアント』8.5世代へ突入か

VW ゴルフR ヴァリアント 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
VW ゴルフR ヴァリアント 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)全 11 枚

フォルクスワーゲン(VW)は主力モデルである『ゴルフ』ファミリーの改良に向け開発を進めているが、最強ワゴンの『ゴルフRヴァリアント』も例外ではない。8.5世代へと進化するゴルフRヴァリアントのプロトタイプを初スクープだ。

◆6MTは継続? フェイスリフトでの進化は

ニュルブルクリンクで捉えたプロトタイプは、白いテープやデカール(転写)、黒い偽装コンポーネントで細部を隠し、現行モデルを装っている。しかし、フロントエンドはLEDライトバーでつながったよりスリムなヘッドライトがのぞいている。「R」バッジはこれまでと同じ位置に配置されているが、グリルの厚みが若干スリムになっていることがわかる。

バンパーには、車幅全体にわたる2本の水平バーを備えた改良型インテークが装着される予定で、中央のセンサーの両側には角張ったアクセントが見てとれる。

VW ゴルフR ヴァリアント 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)VW ゴルフR ヴァリアント 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

後部は一見すると現行型と同じようだが、LEDテールライトの新グラフィックがデカールで隠されているほか、バンパーは新設計となる。円形のクワッドエキゾーストパイプはRモデルの証だ。

キャビン内は『ID.7』や『パサートヴァリアント』と共通の最大15インチのディスプレイが搭載される可能性がある。タブレット型のタッチスクリーンはデジタルインストルメントクラスターと同じ高さに取り付けられるだろう。新世代VWのコックピットがこのフェイスリフトモデルから利用できるようになる。

現行型のパワートレインは2.0リットル直列4気筒ターボエンジンで、最高出力は320ps、最大トルク400Nmを発揮。6速マニュアルまたは7速DSGトランスミッションが選択可能で、全輪駆動の4MOTIONが標準だ。スペックのアップデートに注目されるが、「Rパフォーマンス」レベルの330psへ向上する可能性も噂されている。

VW ゴルフR ヴァリアント 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)VW ゴルフR ヴァリアント 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

また2024年モデルでは、このRだけでなく、GTIも含めて6速マニュアルの廃止が囁かれているが、ユーロ7排ガス規制の緩和により存続の可能性も浮上しているようだ。

改良新型は2024年内にデビュー予定で、内燃機関を搭載した最後のRになる。GTIとともにフルエレクトリック時代にもブランドが継承されることが約束されているものの、プレミア化は必至といったところだろう。

《APOLLO NEWS SERVICE》

【注目の記事】[PR]

ピックアップ

アクセスランキング

  1. これが次期型BMW『X3』だ! 発表は今秋? 最終デザインを大予想
  2. キメラ『EVO38』、伝統の血統を継ぐ最新スポーツカー
  3. [15秒でわかる]トヨタ『カローラクロス』改良新型…都会的で引き締まった顔つきに
  4. 釣りをより快適に、ヤマハ発動機が新型フィッシングボート「YFR330」発売へ
  5. あの『i-ROAD』の元トヨタエンジニアが新会社で挑む「無駄のないモビリティ」とは
  6. 【VW Tクロス カッパースタイル 新型試乗】細かいことに目くじらを立ててはいけない…島崎七生人
  7. [低音増強でカーオーディオはもっと楽しくなる]「ドアスピーカー」の低音再生能力を引き出す!
  8. 【トヨタ ヴェルファイア 新型試乗】アルファードにはないターボ仕様を選ぶ価値…中村孝仁
  9. 樹脂パーツの救世主! DIYで使える強力補修剤とは?~Weeklyメンテナンス~
  10. <新連載>[カーオーディオ・素朴な疑問]純正スピーカーって、音が悪いの?
ランキングをもっと見る