フロントノーズが低い!アウディA4後継モデル、新世代『A5』の全貌をスクープ

アウディ A5アバント プロトタイプ(スクープ写真)
アウディ A5アバント プロトタイプ(スクープ写真)全 26 枚

アウディは現在、欧州Dセグメントの主力モデル『A4』の後継モデルを開発中だが、そのステーションワゴン「アバント」の最新プロトタイプをカメラが捉えた。

2023年初め、アウディは次世代ラインアップに新命名法を使用すると発表。偶数番号のモデルは段階的にピュアエレクトリック(BEV)に移行すると伝えられている。これに倣い、ICE搭載A4の後継モデルは「A5シリーズ」として生まれ変わる。つまり今回スクープしたプロトタイプは次期『A5アバント』ということになる。

開発も最終段階となり、今回捉えたプロトタイプはほぼフルヌード姿だ。かなりスリム&ワイド化された六角形のシングルフレームグリルが目を引くが、おかげでフロントノーズがかなり低められているように見える。エッジが少なく滑らかな造形は、よりスポーティさを際立たせている。ボンネットの開口部よりもかなり低い位置にヘッドライトが装着されているのも注目だ。

アウディ A5アバント プロトタイプ(スクープ写真)アウディ A5アバント プロトタイプ(スクープ写真)

グリルは内部に大きなメッシュパターンを配置、エンブレムが上から吊り下げられるような造形になっているのも新しい。およそ20年にわたり巨大化を続けてきたグリルだが、その流れは逆転に転じるようだ。またバンパーのコーナーには、垂直のエアインテークがあり、現行の『RS4』を彷彿とさせる立体的なものになっている。

側面はシルエットこそ現行型と非常に似ているが、ドア下部セクションはさらに深くえぐられているほか、上部にはフラッシュマウントハンドルを装着している。リアウィンドウが狭くなり、ルーフスポイラーが強調されているように見える。LEDテールライトの一部も見えており、『Q4 e-tron』などのように左右のライトが一直線につながった造形となるようだ。

このプロトタイプはICE搭載モデルだが、充電口がなく排気口を備えていることからプラグインハイブリッド車(PHEV)ではなさそうだ。これまでの情報から、新型A5のすべてのバージョンは、ボディ形状を問わずガソリンエンジンを搭載することになる。PHEVモデルも存在するが、フルエレクトリック(BEV)仕様は「A4」として販売される予定だ。

新生A5のワールドプレミアは2024年以降だが、伝統的セダンのプロトタイプがいまだ出現していないことからも、「スポーツバック」と「アバント」のみのラインアップとなる可能性が高い。

《APOLLO NEWS SERVICE》

【注目の記事】[PR]

ピックアップ

アクセスランキング

  1. キメラ『EVO38』、伝統の血統を継ぐ最新スポーツカー
  2. これが次期型BMW『X3』だ! 発表は今秋? 最終デザインを大予想
  3. 釣りをより快適に、ヤマハ発動機が新型フィッシングボート「YFR330」発売へ
  4. <新連載>[カーオーディオ・素朴な疑問]純正スピーカーって、音が悪いの?
  5. 【VW Tクロス カッパースタイル 新型試乗】細かいことに目くじらを立ててはいけない…島崎七生人
  6. [低音増強でカーオーディオはもっと楽しくなる]「ドアスピーカー」の低音再生能力を引き出す!
  7. 【トヨタ ヴェルファイア 新型試乗】アルファードにはないターボ仕様を選ぶ価値…中村孝仁
  8. 樹脂パーツの救世主! DIYで使える強力補修剤とは?~Weeklyメンテナンス~
  9. [15秒でわかる]トヨタ『カローラクロス』改良新型…都会的で引き締まった顔つきに
  10. あの『i-ROAD』の元トヨタエンジニアが新会社で挑む「無駄のないモビリティ」とは
ランキングをもっと見る