1億5000万円の日産『GT-R』を富士スピードウェイでドリキンが全開、しかし…?!

日産 GT-R 50 by Italdesign
日産 GT-R 50 by Italdesign全 4 枚

CARトップ』2024年1月号
発行:交通タイムス社
定価:510円(本体464円+税)

『CARトップ』の新年1月号、巻頭を飾るのは“ドリキン”土屋圭市の峠賛歌特別編、1億5000万円の日産『GT-R』=「GT-R 50 by Italdesign」試乗記だ。R'sミーティングにゲスト参加したドリキンが、世界50台限定のGT-Rを富士スピードウェイで全開インプレする!

GT-R 50 by Italdesignは、GT-Rと、イタリアのデザイン開発会社であるイタルデザインのそれぞれの50周年記念するモデルだ。2018年に発表され、世界50台限定で販売された。

搭載される最高出力720psの3.8リットルV6「VR38DETT」エンジンは、横浜工場で「匠」と呼ばれる限られた熟練工により1体ごとに組み立ていた。ボディカラーは顧客が組み合わせを指定し、あわせてインテリアカラーも選択できた。

スカイラインGT-Rに人一倍の思い入れがある土屋は、GT-R 50 by Italdesignについて、「エンジンもない外装もみごと」と評価。ただし価格は……?

日産 GT-R 50 by Italdesign日産 GT-R 50 by Italdesign

気になる見出し……●“ドリキン”土屋圭市の峠賛歌 GT-R 50 by Italdesign●進化する王道 トヨタ クラウン(セダン)●歴代最強の“おもてなし”Kカー●JMS話題モデル 30台総ざらい●電動サソリにシビレまくり●3年先の未来は凄かった●ドイツの日本車ファン&コスプレイヤー大集結!!

『CARトップ』2024年1月号『CARトップ』2024年1月号
★出版・編集関連事業に携わる方々へ:御社で発行されるモビリティ(自動車、モーターサイクルなど)関連書籍/雑誌を当編集部までお送りください。『レスポンス』サイト上にて紹介いたします。送り先は「〒164-0012 東京都中野区本町1-32-2 ハーモニータワー17階 株式会社イード『レスポンス』編集部」。

《高木啓》

【注目の記事】[PR]

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 4連スロットルはなぜ偉い? NAチューンの極みがもたらす鋭利なエンジン性能~カスタムHOW TO~
  2. 「大人の秘密基地」バグトラックパネルバンが首位獲得…キャンピングカーランキング 2月
  3. 3月発売の新型コンパクトSUV、ホンダ『WR-V』で車中泊はできる…? 最大クラスの荷室で4人キャンプも快適に
  4. ヤマハ「パフォーマンスダンパー」が累計300万本、トヨタやホンダ車にも採用
  5. EVを持つなら普通充電器選びも重要! デザイン性と使いやすさに優れた「EVコンポ Mode3」PR
  6. BMW R1250GSアドベンチャー、日本限定の特別仕様車発売
  7. ホンダ『グロム』のレース車両、HRCが手掛ける胸躍る走り…東京オートサロン2024
  8. STIの調律、走りに愉しさと悦びを…東京オートサロン2024
  9. ランチア・ラリーの復刻&進化:キメラ『EVO38』がジュネーブモーターショー2024に登場
  10. マッスルスポーツ『チャージャー』新型が3月5日デビューへ…ダッジが予告
ランキングをもっと見る