『ラ・フェラーリ』後継モデルはV6ハイブリッドの全輪駆動!? コードネーム「F250」の正体は

フェラーリ F250(仮)プロトタイプ(スクープ写真)
フェラーリ F250(仮)プロトタイプ(スクープ写真)全 11 枚

フェラーリは現在、車内コードネーム「F250」と名付けられた新型スーパーカーを開発中だ。ブランド初のハイブリッドカーとして登場した『ラ・フェラーリ』の後継モデルと伝えられており、F1やルマンカーの技術を注ぎ込んだV6ハイブリッドを搭載すると予想されている。

フェラーリは先日、新型『SF90 XXストラダーレ』が、同社のフィロアーノ・トラックにて、公道走行可能なモデルの周回記録を打ち破ったことを明らかにしたが、新型ハイブリッドはその記録を木っ端微塵に打ち砕くことが期待されている。

◆リアウィングが進化した!「F250」プロトタイプを目撃

フェラーリ F250(仮)プロトタイプ(スクープ写真)フェラーリ F250(仮)プロトタイプ(スクープ写真)

ドイツで捉えたプロトタイプは、ディテールを隠しているものの、巨大な空力パッケージを身に着け、ボディには冷却ダクトと空気を効率的に裂くための隠れた空力トリックが散りばめられていることがわかる。

ボディサイドからは、ラ・フェラーリやフォード『GT40』のようにドアの切れ込みがルーフまで伸びているのが見えることから、市販型でも跳ね上げ式ドアが採用されるとみられる。後部を見るとデュアルエキゾーストパイプが目立つが、これはダミー。本物は上部にあるメッシュの奥に隠されているようだ。

注目はリアウィングの“根本”だ。今夏に目撃されたプロトタイプとよく似ているが、新しいプロトタイプでは巨大なアクティブ・リア・ウイングの支柱にいくつかの変更が加えられていることが明らかになっている。以前のプロトタイプはモータースポーツスタイルの支柱を備えていて、手動での調整式に見えたが、このプロトタイプにはキャビンから翼の高さと角度を調整できる機構が付けられている。

フェラーリ F250(仮)プロトタイプ(スクープ写真)フェラーリ F250(仮)プロトタイプ(スクープ写真)

現段階で予想されるV6ハイブリッドは、フロントアクスルに少なくとも1基、最大で2基の電気モーターを搭載し、さらにリアアクスルにももう1基が組み込まれた全輪駆動となることが期待されている。

10年前、ラ・フェラーリは最高出力963psを発揮し度肝を抜いたが、SF90 XXストラダーレはこれを超える1030psを発揮。多数のサーキットで最速記録を樹立しているが、F250がそれらを塗り替えるのは確実視されている。

F250の登場は2024年内と思われ、限定600台と予想されている。その後200台のアペルタ、またはスパイダー、サーキット専用モデルなどのバリエーションが登場する可能性もあるという。

《APOLLO NEWS SERVICE》

【注目の記事】[PR]

ピックアップ

アクセスランキング

  1. キメラ『EVO38』、伝統の血統を継ぐ最新スポーツカー
  2. これが次期型BMW『X3』だ! 発表は今秋? 最終デザインを大予想
  3. [15秒でわかる]トヨタ『カローラクロス』改良新型…都会的で引き締まった顔つきに
  4. 釣りをより快適に、ヤマハ発動機が新型フィッシングボート「YFR330」発売へ
  5. 【VW Tクロス カッパースタイル 新型試乗】細かいことに目くじらを立ててはいけない…島崎七生人
  6. <新連載>[カーオーディオ・素朴な疑問]純正スピーカーって、音が悪いの?
  7. あの『i-ROAD』の元トヨタエンジニアが新会社で挑む「無駄のないモビリティ」とは
  8. 【トヨタ ヴェルファイア 新型試乗】アルファードにはないターボ仕様を選ぶ価値…中村孝仁
  9. [低音増強でカーオーディオはもっと楽しくなる]「ドアスピーカー」の低音再生能力を引き出す!
  10. 樹脂パーツの救世主! DIYで使える強力補修剤とは?~Weeklyメンテナンス~
ランキングをもっと見る