日産『スカイライン』次期型に新たなスクープ情報、担当者「大・歓・喜」

インフィニティ・ヴィジョンQe
インフィニティ・ヴィジョンQe全 6 枚

ベストカー』12月26日号
発行:講談社ビーシー / 講談社
特別定価:510円(本体464円+税)

『ベストカー』12月26日号、月号で2023年最終号の巻頭スクープは日産『スカイライン』次期モデルだ。表紙には「大・歓・喜」、「大逆転!」の文字が踊る。記事とびらページには「新たな歴史」とも。従来の情報では「クロスオーバーだけ」だったのが、別のボディタイプもあることが判明したのだ。

日産のインフィニティブランドは10月24日に、2台のコンセプトカー、『ビジョンQe』と『ビジョンQXe』を発表している。インフィニティでは、ビジョンQeはブランド初のEVのプレビューであるとし、ビジョンQXeも近未来を示唆するという。『ベストカー』スクープ班は、これらのコンセプトカーが日本のスカイラインと大いに関係があるという。

スカイラインは、北米ではインフィニティ『Q50』の車名で販売されているから、その予想はもっともだ。現行型は登場から10年以上たっており、それでもカタログ落ちしないことから、日産にはフルモデルチェンジする意思があると思われる。記事では次期型の寸法やスペック、エクステリアデザインの予想図を掲載している。

日産スカイライン日産スカイライン

気になる見出し……●Super Spy Scoop 2025年秋 スカイラインの新たな歴史が始まる!!●初冬にHOTなSUV4連発!!●JMS出展車の市販型ミュージアム●どうなる? 日産●いすゞ新型エルフ大研究●トヨタハイエースの水素エンジン車に試乗!!●ワークスチューニング市場レポート●スバル新型フォレスター

『ベストカー』12月26日号『ベストカー』12月26日号
★出版・編集関連事業に携わる方々へ:御社で発行されるモビリティ(自動車、モーターサイクルなど)関連書籍/雑誌を当編集部までお送りください。『レスポンス』サイト上にて紹介いたします。送り先は「〒164-0012 東京都中野区本町1-32-2 ハーモニータワー17階 株式会社イード『レスポンス』編集部」。

《高木啓》

【注目の記事】[PR]

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 4連スロットルはなぜ偉い? NAチューンの極みがもたらす鋭利なエンジン性能~カスタムHOW TO~
  2. 「大人の秘密基地」バグトラックパネルバンが首位獲得…キャンピングカーランキング 2月
  3. 3月発売の新型コンパクトSUV、ホンダ『WR-V』で車中泊はできる…? 最大クラスの荷室で4人キャンプも快適に
  4. ヤマハ「パフォーマンスダンパー」が累計300万本、トヨタやホンダ車にも採用
  5. BMW R1250GSアドベンチャー、日本限定の特別仕様車発売
  6. ホンダ『グロム』のレース車両、HRCが手掛ける胸躍る走り…東京オートサロン2024
  7. マッスルスポーツ『チャージャー』新型が3月5日デビューへ…ダッジが予告
  8. ランチア・ラリーの復刻&進化:キメラ『EVO38』がジュネーブモーターショー2024に登場
  9. STIの調律、走りに愉しさと悦びを…東京オートサロン2024
  10. ポルシェ『タイカン』、「史上最もダイナミック」な新グレード発表へ…3月11日
ランキングをもっと見る