トヨタ『RAV4』次期型は現行デザインを継承!? 見た目はマイチェン、中身の進化は

トヨタ RAV4 次期型予想CG
トヨタ RAV4 次期型予想CG全 8 枚

トヨタの人気グローバルSUV『RAV4』が、早ければ2024年内にもフルモデルチェンジを迎えるという。2018年に登場した現行モデルは、2023年にも国内で約4.1万台を販売し、国産SUVトップ5に入る人気を保ち続けている。そんなRAV4も6年が経過し、いよいよ次期型へと切り替わる。スクープ班が最新情報を入手した。

RAV4は初代が1994年に誕生。普段乗りできるSUV(当時はクロカン、四駆)の大衆化に大きく貢献した一台と言ってよいだろう。第3世代からは海外市場を強く意識し大型化、第4世代では日本市場から撤退したが、現行の第5世代で大胆なイメージチェンジを図り日本市場に再上陸。一躍、人気車種に返り咲いた。2020年にはプラグインハイブリッドの『RAV4 PHV』も導入。走行性能の高さにも定評がある。

次期型となる第6世代でも引き続きグローバルモデルとして登場するが、日本での販売もおこなわれると見ていいだろう。

トヨタ RAV4 次期型予想CGトヨタ RAV4 次期型予想CG

次期型では、「TNGA-K」プラットフォームの改良型を採用、ホイールベースが延長され、居住空間やボディ剛性が大幅に向上するとみられる。パワートレインは、2.0リットル直列4気筒Dynamic Force Engine、同エンジンに電気モーターを組み合わせたハイブリッド、そして2.5リットル直列4気筒+デュアルモーターを積むプラグインハイブリッドのラインナップが予想される。「ダイナミックトルクベクタリングAWD」をはじめとした4WD性能の向上にも期待だ。

キャビン内では、12.3インチのフルデジタルインストルメントクラスターと、独立タイプの大型インフォテイメントディスプレイを搭載するだろう。また先進安全システムやセキュリティは最新機能をフル装備してくるに違いない。

気になるエクステリアデザインについては、海外自動車メディア「KOLESA RU」の協力で予想CGを作成した。これまでの情報では最新の『プリウス』や『クラウン』で採用されている「ハンマーヘッド」フェイスが採用され、より若返りを意識したものになるとされてきたが、どうやら異なるようだ。最新情報によると、ヘッドライトやフロントグリルをはじめ、全体のデザインはかなり現行モデルに近い出で立ちとなるという。

RAV4次期型のワールドプレミアは、最速で2024年内の可能性もあるが、2025年以降が有力とみられる。

《APOLLO NEWS SERVICE》

【注目の記事】[PR]

ピックアップ

アクセスランキング

  1. ランクル人気で『サファリ』復活説も浮上? 日産『パトロール』次期型はどうなる
  2. トヨタ『スターレット』復活! 2026年デビューか?
  3. 走行距離10万kmは通過点! 42.195万kmをめざせ
  4. アントレックスが折りたたみ電動スクーター『MK114』発売へ、軽自動車にも積載可能
  5. スポーティだけど“eバイク”じゃない!? ヤマハの新型『PAS CRAIG』に乗ってわかったブレない"ちょうど良さ"
  6. 40アルファードの静粛性が一変!調音施工で快適性が飛躍的に向上
  7. ランクル250の原点、初代『ランドクルーザー・プラド』が見せた「90’sのモダーン」【懐かしのカーカタログ】
  8. その差は歴然!? 見た目は同じでもカロッツェリア・サイバーナビ AVIC-CQ912 ll → lll の進化は凄かった
  9. ポルシェが「911ターボ」50周年を祝う…No. 1は特注の誕生日プレゼントだった
  10. 「2024年問題」に三菱ふそうと警察庁が動いた…新聞ウォッチ土曜エディション
ランキングをもっと見る