スバルの営業利益は7割増、販売増や円安効果 2023年4-12月期決算

スバル・レヴォーグ
スバル・レヴォーグ全 3 枚

SUBARU(スバル)は2月8日、2023年4~12月期(第3四半期累計)の連結決算を発表。販売台数の増加や円安効果で営業利益は前年同期比73.6%増の3710億円となった。

全世界販売台数は、生産および調達面での各種取り組みの継続により、同12.7%増の75万7000台となった。国内生産は同7.3%増の49万1000台、海外生産は同24.3%増の26万6000台となった。これを受け全世界販売台数は、重点市場である米国を中心に堅調に推移し、同15.8%増の73万6000台となった。売上収益は販売台数の増加および為替変動による増収効果などにより、同24.5%増の3兆4964億円となった。


《纐纈敏也@DAYS》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. <新連載>[カーオーディオ・素朴な疑問]純正スピーカーって、音が悪いの?
  2. [低音増強でカーオーディオはもっと楽しくなる]「ドアスピーカー」の低音再生能力を引き出す!
  3. あの『i-ROAD』の元トヨタエンジニアが新会社で挑む「無駄のないモビリティ」とは
  4. 釣りをより快適に、ヤマハ発動機が新型フィッシングボート「YFR330」発売へ
  5. 【マツダ ロードスターRS 新型試乗】新旧比較で実感した「アシンメトリックLSD」の真価…諸星陽一
  6. アルピーヌA110ベース、ザガート『AGTZツインテール』発表…ボディの長さが変えられる
  7. 【トヨタ ヴェルファイア 新型試乗】アルファードにはないターボ仕様を選ぶ価値…中村孝仁
  8. 樹脂パーツの救世主! DIYで使える強力補修剤とは?~Weeklyメンテナンス~
  9. 米トヨタ、新ターボ「i-FORCE」エンジンの生産を開始…タコマ新型に搭載
  10. ビッザリーニ、日本市場に進出:復活のV12スーパーカー
ランキングをもっと見る