「サーブ」今度こそ復活なるか? 23年に新興企業の手へ、電動SUVの実現度は

新生「サーブ」第一弾として登場が噂される電動SUVの予想CG
新生「サーブ」第一弾として登場が噂される電動SUVの予想CG全 8 枚

かつてスウェーデンの自動車メーカーとして、ボルボと双璧をなした「SAAB(サーブ)」。そのブランド名が“今度こそ”復活する可能性が浮上しているという。

サーブは1947年に、航空機会社から独立して設立された自動車メーカーだ。2000年にはGMの完全子会社に、2010年には、オランダのスポーツカーメーカー、スパイカーカーズの傘下に入ったものの、翌2011年末に経営破綻。2012年にはナショナル・エレクトリック・ビークル・スウェーデン(NEVS)社に買収されEVメーカーとして再起をめざすものの、常に経営危機と復活を繰り返していた。そして2023年にはカナダの新興企業「EVエレクトラ」にEVプロジェクトを売却、現在に至っている。

EVエレクトラは、サーブ出身のエンジニアが開発した4ドアセダンタイプのEV『エミリーGT』を発表しているが、次なる一手としてサーブブランドを復活させる計画のようだ。NEVS社はサーブの代名詞ともいえるセダンの『9-3』をフラッグシップとして掲げていたが、EVエレクトラが描く新生サーブの第一弾モデルは電動クロスオーバーSUVだという。

新生「サーブ」第一弾として登場が噂される電動SUVの予想CG新生「サーブ」第一弾として登場が噂される電動SUVの予想CG

パワートレインは、エミリーGTと共有。ミドルレンジの140kWh、トップレンジの175kWh大容量バッテリーを提供し、最大航続1000kmと予想される。トップレンジでは、トリプルモーターを積み、最高出力800ps程度を発揮するスーパーSUVとなりそうだ。

画像はプロデザイナーのグリモー・ジェルベックス氏の提供による新生サーブSUVの予想CGだ。いかにもコンセプトカー然としたスタイリングで、過去のモデル達との共通点は少ないが、航空機のキャノピーをイメージしたコックピットにサーブらしさを残している。巨大なタイヤ、ルーフキャリアは本格派のオフロードスタイル。絞り込まれたリアデザインは、これもブランドのルーツであるジェット機をイメージさせる。CGはあくまで非公式のものだが、期待せずにはいられない。

果たしてサーブは“今度こそ”復活なるか、その行末が注目される。

《APOLLO NEWS SERVICE》

【注目の記事】[PR]

ピックアップ

アクセスランキング

  1. <新連載>[カーオーディオ・素朴な疑問]純正スピーカーって、音が悪いの?
  2. [低音増強でカーオーディオはもっと楽しくなる]「ドアスピーカー」の低音再生能力を引き出す!
  3. あの『i-ROAD』の元トヨタエンジニアが新会社で挑む「無駄のないモビリティ」とは
  4. 釣りをより快適に、ヤマハ発動機が新型フィッシングボート「YFR330」発売へ
  5. 【マツダ ロードスターRS 新型試乗】新旧比較で実感した「アシンメトリックLSD」の真価…諸星陽一
  6. アルピーヌA110ベース、ザガート『AGTZツインテール』発表…ボディの長さが変えられる
  7. 【トヨタ ヴェルファイア 新型試乗】アルファードにはないターボ仕様を選ぶ価値…中村孝仁
  8. 樹脂パーツの救世主! DIYで使える強力補修剤とは?~Weeklyメンテナンス~
  9. 米トヨタ、新ターボ「i-FORCE」エンジンの生産を開始…タコマ新型に搭載
  10. ビッザリーニ、日本市場に進出:復活のV12スーパーカー
ランキングをもっと見る