豊田通商が最新システムを披露…水素・燃料電池展2024に出展予定

豊田通商(水素・燃料電池展2023)
豊田通商(水素・燃料電池展2023)全 2 枚

豊田通商は、2月28日から3月1日まで東京ビッグサイトで開催される、スマートエネルギーウィーク「H2&FC EXPO水素・燃料電池展」に出展する。この展示会は、2050年のカーボンニュートラル実現に向けた水素エネルギーの社会実装をめざす、世界最大級のイベントだ。

豊田通商(水素・燃料電池展2023)豊田通商(水素・燃料電池展2023)

豊田通商は、パートナー企業であるエノアと共に毎年共同出展しており、今年度は展示規模を拡大。小型燃料電池で世界シェアNO.1を誇るSFC社の直接メタノール型燃料電池を使用した、燃料電池システム3台を展示する。これらの燃料電池は、すでに風況観測や監視カメラ、電光掲示板、衛星通信アンテナなどの電源として広く導入されている。

注目されるのは、監視カメラ用途の「小型燃料電池システム」と、モビリティへの搭載を想定した「移動電源式燃料電池システム」で、今回が初の展示となる。

《レスポンス編集部》

【注目の記事】[PR]

ピックアップ

アクセスランキング

  1. ランクル人気で『サファリ』復活説も浮上? 日産『パトロール』次期型はどうなる
  2. トヨタ『スターレット』復活! 2026年デビューか?
  3. 走行距離10万kmは通過点! 42.195万kmをめざせ
  4. アントレックスが折りたたみ電動スクーター『MK114』発売へ、軽自動車にも積載可能
  5. 40アルファードの静粛性が一変!調音施工で快適性が飛躍的に向上
  6. スポーティだけど“eバイク”じゃない!? ヤマハの新型『PAS CRAIG』に乗ってわかったブレない"ちょうど良さ"
  7. その差は歴然!? 見た目は同じでもカロッツェリア・サイバーナビ AVIC-CQ912 ll → lll の進化は凄かった
  8. ランクル250の原点、初代『ランドクルーザー・プラド』が見せた「90’sのモダーン」【懐かしのカーカタログ】
  9. 「2024年問題」に三菱ふそうと警察庁が動いた…新聞ウォッチ土曜エディション
  10. 取り付けは約10秒、カーメイトが「ワイドリアビューミラー」発売…ジムニー、ランクル、ヤリスなどの純正ミラーに装着
ランキングをもっと見る