ホンダ CBR1000RR-R 仕様変更…2モーター式スロットルバイワイヤ採用など

・ホンダがCBR1000RR-Rシリーズを仕様変更

・SPモデルには電子制御サスペンション搭載

・新色「グランプリレッド」などカラーリング追加

ホンダ CBR1000RR-Rファイヤーブレード(グランプリレッド)
ホンダ CBR1000RR-Rファイヤーブレード(グランプリレッド)全 6 枚

ホンダは、スーパースポーツ『CBR1000RR-Rファイヤーブレード』『CBR1000RR-R ファイヤーブレードSP』の仕様変更を行い、3月1日に発売する。

ホンダ CBR1000RR-RファイヤーブレードSP(マットパールモリオンブラック)ホンダ CBR1000RR-RファイヤーブレードSP(マットパールモリオンブラック)

CBR1000RR-Rファイヤーブレードは、高出力と扱いやすい出力特性を持つパワーユニットと、操縦性に優れた車体パッケージングを組み合わせたCBRシリーズの最上位モデル。先進の電子制御技術を採用し、スポーツライディングをサポートする。上位モデルのCBR1000RR-R ファイヤーブレードSPは、オーリンズ製の電子制御サスペンションやブレンボ製のフロントブレーキキャリパーを装備し、足まわりを専用化。また、より素早いシフトチェンジ操作を可能とするクイックシフターを標準装備する。

今回の仕様変更では、「TOTAL CONTROL for the Track」のコンセプトを進化させ、レーストラックでの走行性能とハンドリングの向上を目指した。

ホンダ CBR1000RR-Rファイヤーブレード(グランプリレッド)ホンダ CBR1000RR-Rファイヤーブレード(グランプリレッド)

パワーユニットでは、中速域の加速性能を向上させるためにカムシャフトのバルブタイミングやリフト量の変更、ピストン頭部形状の変更による圧縮比のアップなどを実施。また、2モーター式スロットルバイワイヤ(TBW)を採用し、スロットルバルブの開閉を2個のモーターで行うことで、加速時や減速時の扱いやすさを向上させている。

車体では、フレームボディの新設計により、軽量化と剛性バランスの最適化を実現。エアロダイナミクステクノロジーを活用したウイングレットやカウルの新設計により、旋回性と接地感の向上、ヨーモーメントの低減を達成している。

ホンダ CBR1000RR-Rファイヤーブレード(グランプリレッド)ホンダ CBR1000RR-Rファイヤーブレード(グランプリレッド)

電子制御ではTBWの採用による出力特性とエンジンブレーキ特性の変更に伴い、ライディングモードの各パラメーターを再設定。CBR1000RR-RファイヤーブレードSPには、体重をメーターに入力することで、体重に応じた前後サスペンションの推奨プリロード値を表示する機能を追加している。

カラーリングは、CBR1000RR-Rファイヤーブレードにレーシングイメージの「グランプリレッド」を、CBR1000RR-RファイヤーブレードSPには「グランプリレッド」と「マットパールモリオンブラック」の2色を設定している。

ホンダ CBR1000RR-RファイヤーブレードSP(グランプリレッド)ホンダ CBR1000RR-RファイヤーブレードSP(グランプリレッド)

価格はCBR1000RR-Rファイヤーブレードが248万6000円、CBR1000RR-RファイヤーブレードSPが284万9000円。

《纐纈敏也@DAYS》

【注目の記事】[PR]

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 一気に200馬力以上のパワーアップ!? アウディのスーパーワゴン『RS4アバント』後継モデルは電動化で進化する
  2. 女性向けキャンピングカー「Nomad Lux」デビュー 5月3日初公開
  3. ピアッジオが創立140周年、記念してペスパの特別仕様を発売---140台限定
  4. シトロエン C3エアクロス 新型、間もなくデビューへ…ティザー
  5. レクサス最小の『LBX』は、「サイズ的ヒエラルキー」から脱却できたのか?
  6. サスペンションの新常識! 1G締めがもたらす驚きの効果とは?~カスタムHOW TO~
  7. トヨタ プリウス、13万台をリコール…走行中にドアが開くおそれ
  8. トヨタ『クラウンセダン』は違う---水素を使う理由と苦労をチーフエンジニアが語る
  9. “第3のLED”で手前を照射し全域を明るく、カーメイト・GIGAから最も明るいLEDヘッドバルブ発売
  10. なぜ? アルファロメオ『ミラノ』の車名を禁じられる…なら『ジュニア』だ!
ランキングをもっと見る