釣りをより快適に、ヤマハ発動機が新型フィッシングボート「YFR330」発売へ

ヤマハの新型新型フィッシングボート「YFR330」
ヤマハの新型新型フィッシングボート「YFR330」全 2 枚

ヤマハ発動機は、2024年10月に新型フィッシングボート「YFR330」を発売すると発表した。全長33フィート(10.10m)のこのボートは、釣りを楽しむための機能性と快適性を追求した製品だ。

ヤマハの新型新型フィッシングボート「YFR330」ヤマハの新型新型フィッシングボート「YFR330」

「YFR330」は、ヤマハのフィッシングボート「YFRシリーズ」の最新モデルであり、フラグシップとしての位置づけだ。新設計のハル(艇体)は、高速巡航時の乗り心地と静止時の安定性を高次元で実現。また、風流れを抑える設計により、長時間の航行でも疲労を低減し、快適な釣り体験を提供するという。

外観デザインには、ガンネルラインのしなやかな曲線やダイナミックなブリッジ造形を採用し、船外機との統一感のある洗練されたスタイルを実現している。インテリアでは、5名が快適に着座可能な居住スペースや、視界を意識したウインドウデザイン、清掃性に優れたライナー構造の内壁など、機能的かつ上質な空間を演出している。

推進器には、ヤマハ国内艇で初めて450馬力の4ストローク船外機「F450A」を採用。新開発のハルと組み合わせることで、卓越した走行性能を発揮する。さらに、最新の操船デバイス「HELM MASTER EX」(ヘルムマスターEX)を搭載し、高度な操船性能を提供する。

国内ボート市場において「釣り」は主要な利用目的であり、ヤマハの「YFRシリーズ」は、これまでに2000隻を超える販売台数を記録する人気シリーズだ。「YFR330」の開発にあたっては、既存オーナーのステップアップ需要や初めてボートを購入される顧客を見込み、先進的なフィッシングボートとして設計された。

装備面では、650リットルの大型燃料タンクや清水シャワー、航海灯など、長距離釣行に対応する設備を標準装備。キャビンスペースでは、快適なドライバーズシートや大人4名が着席できるパッセンジャーシートを配置し、乗船者の快適性を追求している。また、デッキレイアウトは釣りのしやすさを考慮し、大人数での釣りに対応する設計となった。

価格は、YFR330スタンダードが3175万8397円、YFR330 Aパッケージが3505万8397円(いずれも税込)。

《レスポンス編集部》

【注目の記事】[PR]

ピックアップ

アクセスランキング

  1. トヨタ『4ランナー』新型にオフロード向け「TRDプロ」仕様を設定…ハイブリッド i-FORCE MAX 搭載
  2. アバルト『クラシケ1300 OT』、5台限定で生産へ…アルファロメオ 4C ベース
  3. シボレー コルベット の頂点「ZR1」、今夏発表へ
  4. たいへんだ! リコール後遺症、不正対策、工場稼働停止…新聞ウォッチ週末エディション
  5. VW ゴルフ が表情チェンジ…改良新型の生産開始
  6. MKタクシーがメルセデス・マイバッハ『GLS』を日本初導入…独超高級車ブランド
  7. かつての「デュアリス」…日産『キャシュカイ』新型、公開直前にデザイン大予想!
  8. スバル フォレスター Advance、アクティブにより使いやすく…利便性と安全性が向上[詳細画像]
  9. トヨタ、堤工場の停止期間を再び延長、ダイハツは5月から全工場で生産再開[新聞ウォッチ]
  10. ダムドが『ジムニー/ジムニーシエラ』専用の全周オールウッドステアリングを販売、抽選の受付を開始
ランキングをもっと見る