V12エンジンは電動化せず! フェラーリの新フラッグシップ、オーラ溢れるプロトタイプを激写

フェラーリ 812スーパーファスト 後継モデル(スクープ写真)
フェラーリ 812スーパーファスト 後継モデル(スクープ写真)全 21 枚

フェラーリの次なるフラッグシップの登場が間近に迫っている。『812スーパーファスト』の後継モデル、そのプロトタイプをスクープ班が初めてとらえた。

最高出力800psを発揮するV12エンジンから名付けられた812スーパーファストは、2017年のジュネーブモーターショーで発表され同年に発売された。その後のシリーズでは『812 GTS』、『812コンペティツィオーネ』、『812コンペティツィオーネA』と、合わせて4つの仕様が展開されている。

現在でも新鮮なイメージだが、実は2022年にオーダー受付を停止し、すでに生産を終了している。そしてこれは、後継モデルが開発中であることを意味する。開発コード「F167」と呼ばれる初期プロトタイプは2022年にも目撃されていたが、当時は『ローマ』のボディを纏っていた。今回お目見えとなったのは市販ボディをベースとしたプロトタイプだ。

フェラーリ 812スーパーファスト 後継モデル(スクープ写真)フェラーリ 812スーパーファスト 後継モデル(スクープ写真)

その細部は厳重に隠されているものの、812に似たFRフェラーリらしいロングノーズ&ショートデッキスタイルがはっきりとわかる。フロントバンパーに三分割されたエアインテークを配置、ボンネットの通気口、スリムなヘッドライト、筋肉質のリアフェンダー、LEDテールライトの一部が確認できる。

後継モデルでは、フロントミッドシップ車用の最新プラットフォームを採用する可能性が高い。2018年に初めて発表されたこのプラットフォームは、複数のホイールベース長、エンジンタイプ、座席構成に対応しており、全輪駆動やハイブリッド技術の搭載も可能とする。

今回の車両は電動化を示すステッカーがなく、後部のエキゾーストパイプを見ても、V12自然吸気エンジンを継承する可能性が高いとみられる。2022年におこなわれた「フェラーリ資本市場デー」のプレゼンテーションでは、今後登場するハイブリッド製品にはV6またはV8エンジンが組み合わされるとしており、V12エンジンについては電動化されず純ICE(内燃機関)モデルに搭載されることが明らかになっている。

812後継モデルに搭載されるのは、『プロサングエ』で改良された6.5リットル V12エンジンと予想される。プロサングエでは、最高出力715psを発揮するが、812後継モデルでは840ps程度まで向上すると噂されている。

ワールドプレミアは意外にも早く、5月2日に米国マイアミで行われると伝えられている。

《APOLLO NEWS SERVICE》

【注目の記事】[PR]

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 【スバル クロストレック 新型試乗】身のこなしの自然さは、日本車の中でも傑出している…島崎七生人
  2. “第3のLED”で手前を照射し全域を明るく、カーメイト・GIGAから最も明るいLEDヘッドバルブ発売
  3. マツダの新型SUV『CX-80』、4月18日デビューへ
  4. 別物に生まれ変わる! エンジンスワップの世界で定番4つ~カスタムHOW TO~
  5. トヨタ『4ランナー』、15年ぶりに新型登場…初代ハイラックスサーフに敬意
  6. ポルシェライフスタイル「ターボ No.1コレクション」発売…911ターボ50周年記念
  7. ランボルギーニ『ウラカン』に最終モデル「STJ」…640馬力のV10にフィナーレ
  8. マクドナルド、10周年記念『トミカ』ハッピーセット販売開始…金のGRカローラも
  9. ボンネットの“ベンツマーク”が帰ってきた!メルセデスベンツ『E300 エクスクルーシブ』登場[詳細画像]
  10. 日産『キックス』新型お披露目、国産車はコンパクトが上位に…3月新型車ランキング
ランキングをもっと見る