走行距離10万kmは通過点! 42.195万kmをめざせ

(イメージ)
(イメージ)全 2 枚

「走行距離10万kmはクルマの寿命」という言葉を耳にすることがあるが、これは本当に寿命の壁なのだろうか。『カーセンサー』6月号(発行:リクルート)では、この定説に疑問を投げかけ、クルマがどれだけ長く走れるかについて特集を組んでいる。

適切なメンテナンスを行えば、10万kmはあくまで通過点に過ぎないという。車はマラソンランナーのように、長い距離を走り続けることができるそうだ。特集では、日々のケアを怠らず、42.195万kmというマラソンのフルコース(?)に相当する距離をめざすことが提案されている。

この考え方について、世界中を飛び回るモータージャーナリストや、ドイツで整備研修に合格したグローバルなメカニックたちも同意見だ。彼らは、海外と日本の視点から「走行距離」に対する捉え方を語っている。

10万kmを超えたクルマのオーナーたちは、どのようなメンテナンスをしてきたのか、その記録と日々の付き合い方も『カーセンサー』ではリポートしている。中古車購入時だけでなく、自分の愛車に対しても、日々のコンディショニングチェックは重要である。特に10万kmを超えたクルマを持つオーナーにとっては、当然の習慣だ。


気になるコンテンツ……●目指せ! 42.195万km 走行距離10万kmは通過点●どんなクルマと、どんな時間を。●達人の流儀 カーライフを充実させるヒント集●人気車ゼミ トヨタ ヴェルファイア編●強制捜査!? 専門店ギワクのお店 捜査対象のお店:WITH●吉田由美の勝手にハッピーバースデー ボルボV60(初代)『カーセンサー』6月号『カーセンサー』6月号

★出版・編集関連事業に携わる方々へ:御社で発行されるモビリティ(自動車、モーターサイクルなど)関連書籍/雑誌を当編集部までお送りください。『レスポンス』サイト上にて紹介いたします。送り先は「〒164-0012 東京都中野区本町1-32-2 ハーモニータワー17階 株式会社イード『レスポンス』編集部」。

《レスポンス編集部》

【注目の記事】[PR]

ピックアップ

アクセスランキング

  1. BMW 3シリーズ、内装を中心にアップデート…改良モデルを欧州発表
  2. アルパインが音が降り注ぐ車種専用スピーカーキット「メティオサウンド」の『デリカD:5』、『セレナ』など6モデル・11車種向け対応製品を発表
  3. AC『コブラ』復活、663馬力V8スーパーチャージャー搭載…新写真と映像を公開
  4. タイヤ選びの新常識!? 適正リム幅 vs 引っ張りタイヤはどちらが正解なのか?~カスタムHOW TO~
  5. トヨタ、スバル、マツダ首脳が揃って次世代エンジン開発を宣言「電動化時代に最適なエンジンを」その内容とは
  6. 怪物エンジンをさらに強化…HKSがトヨタG16E-GTSエンジン用排気量アップキットを発売
  7. アルパインが11型大画面カーナビ「パーフェクトフィットビッグX11」・音が降り注ぐ「メティオサウンド」「OPTMサウンドシステム」など『ハイエース』専用4製品を発表
  8. アウディRS4アバント、470馬力に強化…25周年記念モデルは限定250台生産
  9. BMW M3 セダン、「コンペティション」は530馬力に強化…欧州で改良
  10. ドゥカティがカフェレーサースタイルのコンセプトバイクを提案…『CR24I』発表
ランキングをもっと見る