ケーターハム『セブン 485』に最終モデル、日本には10台限定で導入へ

ケーターハム・セブン 485
ケーターハム・セブン 485全 2 枚

ケーターハム(Caterham)は5月9日、『セブン485ファイナルエディション』と、『485 CSR ファイナルエディション』を欧州で発表した。

ケーターハム・セブン 485ケーターハム・セブン 485

総限定台数は85台。セブン485ファイナルエディションが60台、485 CSR ファイナルエディションが25台製造される予定だ。

各車両には、独自のファイナルエディション仕様が施され、製品の最高仕様を示しつつ、顧客が自分の好みに合わせてカスタマイズすることが可能だ。スポーツヘックスブラック、アルカンターラと黒革のシートにファイナルエディションの刺繍、カーボンダッシュボード、フルカーペット張りの内装、サテンブラックのストライプ、黒のバッジ、ユニークな番号付きプレート、5種類のプレミアムカラーが含まれる。

両モデルには、4気筒自然吸気のフォード製「デュラテック」2.0リットルエンジンを搭載。最大8500rpmまで回転し、0-100 km/h加速4.1秒、最高速224km/hを実現する。タイヤはトーヨータイヤ「プロクセス R888R」を装着。これにより、EU-6基準に準拠したセブンシリーズで最も強力なモデルとなる。

さらに、セブン480ファイナルエディションに関しては、10台が日本市場向けに製造されることが発表されている。

《森脇稔》

【注目の記事】[PR]

ピックアップ

アクセスランキング

  1. アントレックスがフル電動三輪ビークル『Entre Cargo』発売
  2. 40系『ヴェルファイア』をスポーティに演出! BLITZオリジナルエアロキット・3アイテムが新登場
  3. ヤマハのスクーター『NMAX』に「ターボ」登場!? 新型のキモは新技術の「電子制御CVT」
  4. アウディ『RS 3』新型がニュルブルクリンクで新記録…実車は8月デビューへ
  5. シトロエン『C3エアクロス』新型、3列シートの7名乗りが初登場…欧州受注開始
  6. [15秒でわかる]トヨタ『カローラ・ハッチバック』米国2025年型…引き締まった外観で登場
  7. 史上最短で終了したニュル24時間耐久レースに雪辱を誓う──トーヨータイヤ「PROXES Slicks」が描いた頂点への道PR
  8. 三菱の新型SUV『エクスフォース』、7月5日にフィリピン発売へ
  9. ホンダのATV『パイオニア520』、カモフラージュカラーが新登場…米2025年型
  10. メルセデスベンツが自動車線変更機能を導入---欧州向け15車種
ランキングをもっと見る