ボッシュ、602馬力ツインターボの水素エンジン車を開発…ルマンでデモ走行へ

ボッシュの水素エンジン搭載のデモンストレーター車両、リジェ JS2 RH2
ボッシュの水素エンジン搭載のデモンストレーター車両、リジェ JS2 RH2全 5 枚

ボッシュは6月に、水素エンジン搭載のデモンストレーター車両、リジェJS2 RH2』をルマン24時間耐久レースで初公開し、デモ走行を行う。ボッシュが5月13日に発表した。

ボッシュの水素エンジン搭載のデモンストレーター車両、リジェ JS2 RH2ボッシュの水素エンジン搭載のデモンストレーター車両、リジェ JS2 RH2

ボッシュとリジェは、システマティックなアプローチにより、602hpの最大出力、650Nmの最大トルク、優れた過渡応答を持つ3.0リットルツインターボの水素エンジンを開発した。さらに、0~35度の外気温下での極限条件における水素システムの耐久性と長期性能が、広範なテストとシミュレーションによって確認された。

高速テストでは、車両が280km/hを超える最高速度に繰り返し到達し、300km/hに近い速度の可能性を示した。全体で5000km以上のテスト走行を完了し、特別な異常は見られなかった。これは、ルマン24時間レースで優勝チームが走行する距離に相当する。

ボッシュの水素エンジン搭載のデモンストレーター車両、リジェ JS2 RH2ボッシュの水素エンジン搭載のデモンストレーター車両、リジェ JS2 RH2

現在、モバイルアプリケーション向けの水素の貯蔵コンセプトは、主に高圧(700バール)での気体水素が使用されているが、液体水素も長期的には代替の貯蔵オプションとなり得ると見込む。ボッシュとリジェは、この技術を用いて開発を拡大しており、液体水素システムを車両に搭載するための初期コンセプトスタディをすでに製作している。

リジェJS2 RH2の開発において、ボッシュは車両全体の設計を担当し、エンジンとタンクのコンセプト開発、包括的な多段階水素安全システムを実装した。リジェは、車両の動的性能、モノコックの設計、既存のリジェ『JS2 R』のシャシー適応、冷却システムの最適化を担当した。

ボッシュの水素エンジン搭載のデモンストレーター車両、リジェ JS2 RH2ボッシュの水素エンジン搭載のデモンストレーター車両、リジェ JS2 RH2

なお、リジェJS2 RH2は6月、第92回ルマン24時間レースのスタート直前に行われる世界初の水素エンジン車によるデモラップに登場する予定、としている。

《森脇稔》

【注目の記事】[PR]

ピックアップ

アクセスランキング

  1. BMWが14車種の新型車を発売へ…『X3』や『1シリーズ』に新型 2024年
  2. 【スバル クロストレック 新型試乗】いい道具は、かよわき乙女を守ってくれるのか?…岩貞るみこ
  3. 『セリカ』はGRで復活か? エンジンは?---トヨタの名車が再登場
  4. VWが5月31日に新型車発表…『ゴルフGTI』改良新型に「クラブスポーツ」を設定か
  5. アルファロメオ『ジュリア』に「スーパースポーツ」、世界限定275台…ミッレミリア初優勝を記念
  6. クラファンでは4日で完売…ソフト99がホイール洗浄用ブラシ「奥洗王〈おくあらおう〉」を一般販売開始
  7. フェラーリ『12チリンドリ』..V12フラッグシップは彫刻的なデザインに[詳細画像]
  8. MINI『コンバーチブル』新型、2024年後半に発売…EV設定の可能性も
  9. スマホ音楽を高音質で再生! オーディオテクニカ「AT-HRD100」「AT-HRD300」発売
  10. 【ホンダ フリード 新型】「開発者もターゲット層」だからこそ実現できた3列目シートと車内空間
ランキングをもっと見る