スバル『フォレスター』新型、米国で初めて現地生産へ

スバル・フォレスター 新型の「スポーツ」
スバル・フォレスター 新型の「スポーツ」全 5 枚

SUBARU(スバル)は5月13日、SUV『フォレスター』の新型を日本だけでなく、米国でも生産すると発表した。フォレスター初の米国現地生産は、インディアナ州のSubaru of Indiana Automotive, Inc.(SIA)で開始される予定だ。

スバル・フォレスター 新型の「スポーツ」スバル・フォレスター 新型の「スポーツ」

すでに米国で発表されている新型のパワートレインは、2.5リットル水平対向4気筒ガソリンエンジンで、最大出力180hp、最大トルク24.6kgmを発生する。トランスミッションは、リニアトロニックCVTを組み合わせた。

新型は、エアロダイナミクスの改良により、SUVのパフォーマンスと安定性を向上させた。フロントのフェンダーアーチにエアアウトレットを設けることで、タイヤハウスから空気の抜けを良くし、フロントタイヤの浮き上がりを抑え、走行安定性を向上させている。

スバル・フォレスター 新型の「スポーツ」スバル・フォレスター 新型の「スポーツ」

フロントには大胆なグリルを採用し、コンパクトなLEDヘッドライトと一体化してシールド効果を生み出している。グリルの上側には、スバルのスタークラスターエンブレムを採用した。SUVらしい大胆なショルダーラインは高さと力強さを強調し、ホイールアーチはオフロードでの走破性を強調している。フロント、サイド、リアにはアンダーガードを装備。垂直に近いリアゲートにより、荷室容量を拡大した。

インテリアには、センターインフォメーションディスプレイ一体型のマルチメディアシステムを装備した。ヘッドライナーはダーク仕上げ。新デザインのピラーと広いガラス面積により、優れた全方位視界を確保している。

スバル・フォレスター 新型の「スポーツ」スバル・フォレスター 新型の「スポーツ」

スバルは新型フォレスターのガソリンエンジン車と次世代「e-BOXER」搭載車を、日本国内で生産する計画だ。いずれは米国 SIAでの生産も開始し、日米での生産領域における柔軟性を確保できるよう、進めていくという。なお、SIAでは、セダンの『レガシィ』の生産を、2025年春に終了することが決まっている。

《森脇稔》

【注目の記事】[PR]

ピックアップ

アクセスランキング

  1. BMWが14車種の新型車を発売へ…『X3』や『1シリーズ』に新型 2024年
  2. 『セリカ』はGRで復活か? エンジンは?---トヨタの名車が再登場
  3. 【スバル クロストレック 新型試乗】いい道具は、かよわき乙女を守ってくれるのか?…岩貞るみこ
  4. VWが5月31日に新型車発表…『ゴルフGTI』改良新型に「クラブスポーツ」を設定か
  5. アルファロメオ『ジュリア』に「スーパースポーツ」、世界限定275台…ミッレミリア初優勝を記念
  6. クラファンでは4日で完売…ソフト99がホイール洗浄用ブラシ「奥洗王〈おくあらおう〉」を一般販売開始
  7. フェラーリ『12チリンドリ』..V12フラッグシップは彫刻的なデザインに[詳細画像]
  8. MINI『コンバーチブル』新型、2024年後半に発売…EV設定の可能性も
  9. 【ホンダ フリード 新型】「開発者もターゲット層」だからこそ実現できた3列目シートと車内空間
  10. 【マツダ CX-60 新型試乗】あえての辛口評価も、ポテンシャルあればこそ…中村孝仁
ランキングをもっと見る