ホンダ『S2000』後継モデルはEV? それともミッドシップのHVに!? 最新予想

ホンダ S2000 後継モデル 最新予想CG
ホンダ S2000 後継モデル 最新予想CG全 10 枚

2009年に生産を終了し、15年が経った今も復活を望む声が絶えないホンダのFRスポーツカー『S2000』。後継モデル登場の噂も囁かれ続けているが、今回スクープ版が得た最新情報をもとに、その姿にせまる。

ホンダS2000ホンダS2000

S2000は、ホンダ50周年を記念して1999年に発売されたFRスポーツカーだ。最高出力250psを発揮する2.0リットル自然吸気エンジン、FRならではの優れたハンドリングなど、ホンダのスポーツカーづくりに対する情熱が注ぎ込まれたモデルとしてファンからは今も根強い人気がある。

ホンダは、2020年代半ば以降に2台のスポーツEVを計画していることを発表しており、その1台がS2000後継モデルと噂があるものの、その実態は現段階で不明だ。

ただパワートレインに関してはいくつかの情報がある。もっとも有力とされているのは、EV用プラットフォーム「ホンダe-アーキテクチャ」を採用したシングルモーターによる後輪駆動のBEV(Battery Electric Vehicle)で、搭載するバッテリーはGMが開発した「Ultium」(アルティウム)リチウムイオンバッテリーとなるというもの。一方、ホンダ独自開発のバッテリーが搭載される可能性も新たに浮上した。

もうひとつの可能性としては、2.0リットル直列4気筒を搭載したハイブリッドエンジンだ。この場合、駆動方式はMR(ミッドシップ・リアドライブ)となる。9速デュアルクラッチトランスミッションのほか、マニュアルトランスミッションも噂されている。最高出力は330ps程度が予想されているが果たしてどうなるか。

気になるのはそのデザインだが、今回はデザイナーのTheottle氏が最新情報をもとに制作した予想CGを合わせて紹介しよう。

ホンダ S2000 後継モデル 最新予想CGホンダ S2000 後継モデル 最新予想CG

ホンダが2024年4月の北京モーターショーで実車を公開した新たなEVシリーズの「イエ GTコンセプト」にインスパイアされたもので、後輪駆動のBEVだったら…ということでデザインされたものだ。フロントエンドデザインやロー&ワイドなシルエットは最新のホンダデザインをとり入れている。「S800」から続くホンダSシリーズのアイコンでもある2ドアロードスタースタイルに仕上げた。

ボディサイズは全長4250mm×全幅1700mm×全高1290mmと、オリジナルのS2000(全長4135×全幅1750×全高1285mm)と比べて若干の拡大が予想される。いまだ予想の域を出ないものの、実現の日は確実に近づいている。

《APOLLO NEWS SERVICE》

【注目の記事】[PR]

ピックアップ

アクセスランキング

  1. BMW『X3』新型、欧州で発表…新デザイン言語採用の4代目
  2. ワイドだけどマッチョじゃないポルシェ『911』、謎のプロトタイプは噂の新モデルか
  3. レクサス『GX』新型、移動キッチンカーに…リアは観音開きに変更
  4. フォルクスワーゲン「R」、新型車を6月26日発表へ…『ゴルフR』 改良新型か
  5. 日産『Z』に2024年型、専用ノーズの「Zヘリテージエディション」設定…米国限定
  6. 輸入車ディーラーが提供するサブスク洗車サービス「くるペット」とは?
  7. 【ノア vs ステップワゴン】スペック比較…人気ミニバンのガソリンモデル
  8. トヨタ株主総会、佐藤社長が陳謝、再任の豊田会長「喜んで“院政”を」[新聞ウォッチ]
  9. スズキのトヨタ製ワゴン『スウェイス』、ベースはカローラ…欧州で改良
  10. 日産自動車・人事情報 2024年6月1日付
ランキングをもっと見る