ポルシェ『マカン』新型、EVを生産開始…航続591km

ポルシェ・マカン・エレクトリック
ポルシェ・マカン・エレクトリック全 5 枚

ポルシェは5月14日、SUVの『マカン』新型のEV、「マカン・エレクトリック」(Porsche Macan Electric)の生産を、ドイツ・ライプツィヒ工場で開始した、と発表した。

ポルシェ・マカン・エレクトリックポルシェ・マカン・エレクトリック

新型マカンのEVの生産開始により、ライプツィヒにあるポルシェの工場は、エレクトロモビリティの中核拠点となった。ライプツィヒ工場はフレキシブルな生産ラインが特長だ。1つの組立ラインで3種類のパワートレインを生産することができる。この工場は、将来的にガソリン車、ハイブリッド車、EVをひとつの生産ラインで生産できるよう、最大限の柔軟性を持たせて設計されているという。

新型マカンのEVには、永久磁石シンクロナスモーター(PSM)と呼ばれる電気モーターを搭載する。「マカン・ターボ」グレードの場合、オーバーブースト時の最大出力は639ps、最大トルクは115.2kgmを引き出す。

ポルシェ・マカン・エレクトリックポルシェ・マカン・エレクトリック

2つの電気モーターは、パワーエレクトロニクスを介してほぼリアルタイムに制御される。電子制御の「ポルシェ・トラクション・マネージメント(ePTM)」は、現行の4WDシステムの約5倍の速さで作動し、10ミリ秒以内にスリップに対応することができる。さらに、4WDの配分は、選択されたドライビングプログラムによって制御される。リアアクスルの電子制御式ディファレンシャルロックの「ポルシェ・トルク・ベクトリング・プラス(PTV Plus)」も、マカン・ターボのトラクション、走行安定性、横方向のダイナミクスに貢献している。動力性能は0~100km/h加速が3.3秒、最高速は260km/hだ。

バッテリーはリチウムイオンで、蓄電容量は100kWh。WLTPサイクルの航続は、マカン・ターボの場合、最大591kmに到達する。800ボルトテクノロジーによって、最大出力270kWで急速充電できる。充電ステーションでは、およそ21分で充電レベルを10%から80%まで引き上げることができる。

ポルシェ・マカン・エレクトリックポルシェ・マカン・エレクトリック

バッテリーの高電圧スイッチにより、800ボルトのバッテリーを2つのバッテリー(各バッテリーの定格電圧は400ボルト)に効果的に分割し、バンク充電を可能にした。これにより、HVブースターを追加することなく、最大出力150kWで効率的な充電が行える。AC充電は最大11kWまで対応している。

《森脇稔》

【注目の記事】[PR]

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 三菱デリカ『D:6』準備中、D:5が19年ぶりにフルモデルチェンジ
  2. シトロエン『C3エアクロス』新型、3列シートの7名乗りが初登場…欧州受注開始
  3. アントレックスがフル電動三輪ビークル『Entre Cargo』発売
  4. 40系『ヴェルファイア』をスポーティに演出! BLITZオリジナルエアロキット・3アイテムが新登場
  5. ヤマハのスクーター『NMAX』に「ターボ」登場!? 新型のキモは新技術の「電子制御CVT」
  6. アウディ『RS 3』新型がニュルブルクリンクで新記録…実車は8月デビューへ
  7. 三菱『デリカD:5』ついにフルモデルチェンジへ! 車名は「D:6」!? 2025年内発表か
  8. ホンダのATV『パイオニア520』、カモフラージュカラーが新登場…米2025年型
  9. [15秒でわかる]トヨタ『カローラ・ハッチバック』米国2025年型…引き締まった外観で登場
  10. なぜ? 未来の『デリカ』がPHEVの理由…ジャパンモビリティショー2023で世界初公開
ランキングをもっと見る