BMW 3シリーズ、内装を中心にアップデート…改良モデルを欧州発表

BMW 3シリーズ・セダン の改良モデル
BMW 3シリーズ・セダン の改良モデル全 5 枚

BMWは5月29日、『3シリーズセダン』の改良モデルを欧州で発表した。内装を中心にアップデートを受けている。

BMW 3シリーズ・セダン の改良モデルBMW 3シリーズ・セダン の改良モデル

新たに追加されたボディカラーには、アークティックレースブルーメタリックとファイアレッドメタリックが含まれる。これにより、個々の好みに合わせた選択肢が広がった。

改良モデルには、19インチのMアルミホイールが新たに導入され、ジェットブラック仕上げやバイカラー仕上げが選べる。「BMWインディビジュアル」では、Yスポークデザインの19インチアルミホイールが追加された。

BMW 3シリーズ・セダン の改良モデルBMW 3シリーズ・セダン の改良モデル

内装では、「BMWカーブドディスプレイ」を備えたコックピットがさらに進化し、新しいステアリングホイールや装飾トリムが追加された。「Mスポーツパッケージ」には、新しいMレザーステアリングホイールが標準装備されている。

最新世代の「BMW iDrive」と「QuickSelect」が搭載され、デジタルクライメートコントロールや選択可能なライトムードが導入された。これにより、温度調整やシートヒーター、ステアリングホイールヒーターの操作が簡単になった。

BMW 3シリーズ・セダン の改良モデルBMW 3シリーズ・セダン の改良モデル

シート表面には、新しい「Mパフォーマンテックス」が採用され、MスポーツパッケージやMパフォーマンスモデルに標準装備される。この素材は、高品質とスポーティなデザインを兼ね備え、持続可能な生産方法で製造されている。

さらに、内装トリムエレメントも改良され、ダークグラファイトマットが標準装備となった。オプションとして、フィンラインライトオープンポアやグレーブルーアッシュオープンポアのファインウッドトリム、カーボンファイバーやアルミニウムロムビクルアンスラサイトのバリエーションも選べる。

BMW 3シリーズ・セダン の改良モデルBMW 3シリーズ・セダン の改良モデル

《森脇稔》

【注目の記事】[PR]

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 日本発の高性能EV『アウル』、最高速438.7km/hを記録…世界最速の電動ハイパーカーに
  2. 日産『ノートオーラ』がマイナーチェンジ、90周年記念車と“大人のオーラ”「AUTECH」も新設定
  3. アルピーヌ初のEV、コンパクトハッチ『A290』欧州発表…220馬力モーター搭載
  4. トヨタ系販社11社での修理費過大請求、1年半で計1万6184件に[新聞ウォッチ]
  5. 新マスク採用、ルノー『キャプチャー』改良新型の受注を欧州で開始
  6. トヨタ『カローラハッチバック』2025年型…新設定の「ナイトシェード」はスポーティ&スタイリッシュ[詳細画像]
  7. 紙の切符にパチン! 西武池袋線の4駅で復活
  8. 伝説のYZRが蘇る、ヤマハ『XSR900 GP』最新カスタムプロジェクトを公開
  9. いすゞのSUV『MU-X』に改良新型、表情一新…タイからグローバル展開へ
  10. BMW『M2』に改良新型、直6ツインターボは480馬力に強化…欧州発表
ランキングをもっと見る