ランボルギーニ『ウルスSE』、初のPHEVはよりスポーティな外観に[詳細画像]

ランボルギーニ・ウルスSE(クアラルンプール発表会)
ランボルギーニ・ウルスSE(クアラルンプール発表会)全 42 枚

ランボルギーニは4月25日、SUVでブランド初のプラグインハイブリッド車(PHEV)となる『ウルスSE』(Lamborghini Urus SE)を北京モーターショー2024で発表した。

最高速度は312km/hに達し、0から100km/hまでわずか3.4秒で加速が可能だ。エンジンとモーターの組み合わせを活用し、都市部では電気モードのみでの走行も可能となる。ウルスSEは、620bhpを生み出すツインターボチャージャー付の4リットルV8エンジンと、192bphを生み出す電気モーターの組み合わせで、合計出力は800CVとなる。このハイブリッド機構は、従来型比でCO2排出量を80%削減する。また、電気航続距離は60km以上とのこと。

改良されたエアダクトによって、空気力学が最適化されたウルスSEのシルエットは、もともとのスポーティな性格をさらに主張するものになった。マトリックスLEDライトや、再設計されたバンパーやグリルが新しく追加された。また、新しいリアディフューザーにより、プロポーションがさらにスポーティになった。新しいスポイラーとの組み合わせで、ディフューザーは高速走行時のリアのダウンフォースを35%増加させる。

インテリアは、すでに『レヴエルト』に導入されている最新技術が導入された。ダッシュボードの中央に設置された、12.3インチの大型モニターには、より直感的に操作が可能な新しいバージョンのインターフェイスが搭載されている。

ランボルギーニ・ウルスSE(北京モーターショー2024)ランボルギーニ・ウルスSE(北京モーターショー2024)

《小國陽大》

【注目の記事】[PR]

ピックアップ

アクセスランキング

  1. フェラーリ『12チリンドリ』日本上陸…フェラーリと言えば12気筒、12気筒と言えばフェラーリ
  2. トヨタ認証不正「国連基準」も満たさず、海外でも生産できない可能性[新聞ウォッチ]
  3. トヨタ“謝罪”株主総会スタート、「出席表明」の豊田章男会長は“ドタキャン”[新聞ウォッチ]
  4. アバルトがボートになった! 世界限定500艇…新型『オフショア』発表
  5. ウルトラスポーティ?! フィアットの小型ピックアップトラック『ストラーダ』に新仕様
  6. 紙の切符にパチン! 西武池袋線の4駅で復活
  7. 日産が車中泊モデル「MYROOM」ラインアップ拡充---バネットを投入予定
  8. オフロード性能を極めたバス、「世界で最も頑丈」と標榜…チェコのトルサスが新型を発表
  9. 「特大グリル」ついに装着!? 世界に誇る『Sクラス』マイナーチェンジで驚きの進化へ
  10. テスラ『サイバートラック』が警察のパトロール車両に…年内に米国で納車開始へ
ランキングをもっと見る