フィアット『500』にハイブリッド「Ibrida」、2025~2026年に欧州発売へ

フィアット500eとフィアットブランドのオリビエ・フランソワCEO
フィアット500eとフィアットブランドのオリビエ・フランソワCEO全 3 枚

フィアット(FIAT)は、小型EV『500e』のハイブリッドバージョン、『500 Ibrida』を2025年後半から2026年前半に、欧州で発売する。フィアットが6月6日に発表した。

フィアット500eとフィアットブランドのオリビエ・フランソワCEOフィアット500eとフィアットブランドのオリビエ・フランソワCEO

500 Ibridaは、フィアットが属するステランティスのイタリア・トリノのミラフィオーリ工場で生産される予定だ。フィアットブランドのオリヴィエ・フランソワCEOが同工場を訪れ、この計画を発表した。

イタリア国内で販売されるフィアット車の70%が国内で製造されており、イタリアがブランドの中心的な役割を果たしている。ミラフィオーリ工場が、500 Ibridaの生産拠点となる。

フィアット500eとフィアットブランドのオリビエ・フランソワCEOフィアット500eとフィアットブランドのオリビエ・フランソワCEO

500 Ibridaはイタリア・トリノで開発・設計され、ミラフィオーリで製造される予定。これは、フィアットのイタリア製への強いコミットメントを示しているという。

フィアットは、500eをはじめ、『500X』、『パンダ』、『デュカト』 などのモデルをイタリアで生産しており、2023年には世界で販売されたフィアット車の3台に1台がイタリアで製造された。特に、国内市場では販売されたFIAT車の70%がイタリア製だ。

500 Ibridaのエンジンはテルモリのステランティスの工場で、排気システムはナポリで、ギアボックスはミラフィオーリで製造される予定。これにより、フィアットはイタリア製造の伝統を維持しつつ、持続可能な未来に向けた取り組みを強化している。

さらに、フィアットは1億ユーロの投資を発表した。これにより、500eのプラットフォームを再設計し、新世代のバッテリーテクノロジーを導入することで、顧客にとってより手頃な価格の新型車を投入する計画だ。

《森脇稔》

【注目の記事】[PR]

ピックアップ

アクセスランキング

  1. フェラーリ『12チリンドリ』日本上陸…フェラーリと言えば12気筒、12気筒と言えばフェラーリ
  2. トヨタ認証不正「国連基準」も満たさず、海外でも生産できない可能性[新聞ウォッチ]
  3. アバルトがボートになった! 世界限定500艇…新型『オフショア』発表
  4. トヨタ“謝罪”株主総会スタート、「出席表明」の豊田章男会長は“ドタキャン”[新聞ウォッチ]
  5. ウルトラスポーティ?! フィアットの小型ピックアップトラック『ストラーダ』に新仕様
  6. オフロード性能を極めたバス、「世界で最も頑丈」と標榜…チェコのトルサスが新型を発表
  7. 紙の切符にパチン! 西武池袋線の4駅で復活
  8. 日産が車中泊モデル「MYROOM」ラインアップ拡充---バネットを投入予定
  9. 「特大グリル」ついに装着!? 世界に誇る『Sクラス』マイナーチェンジで驚きの進化へ
  10. テスラ『サイバートラック』が警察のパトロール車両に…年内に米国で納車開始へ
ランキングをもっと見る