インドでEV電池の交換ステーション網を構築へ…大手事業者が提携

SUN MobilityのEV電池の交換ステーション
SUN MobilityのEV電池の交換ステーション全 1 枚

EV向けエネルギーインフラおよびサービス手がけるインドのSUN Mobilityは6月6日、インドの大手エネルギー企業のIndianOilとの戦略的提携と合弁事業を発表した。両社は、最大規模のバッテリー交換インフラネットワークを2030年までに構築し、展開することを目指している。

合弁会社は今後3年間で、40以上の都市に1万か所以上のバッテリー交換ステーションを設置し、便利な「Battery as a Service」(BaaS)モビリティソリューションを提供することで、2W、3W、4W小型車両の電気モビリティのシームレスな導入を予定している。

SUN Mobilityは現在、インド国内の20都市で2万5000台以上のEVをサポートしている。630を超えるステーションと5万台以上のスマートバッテリーを活用し、毎月100万回以上のバッテリー交換を行いながら、さまざまな2輪車および3輪車の顧客にサービスを提供している。

この戦略的合弁事業は、3万7000以上の給油所をインド国内に持つIndianOilのネットワークと、SUN Mobilityのバッテリー交換技術を合体させ、従来の給油所と同じように利用できるようにするものだ。それにより、Battery as a Service(BaaS)を簡単に利用できるように全国展開して、EVに関する顧客満足度を向上させる。また、バッテリーのコスト、メンテナンス、交換、充電時間に関する不安も軽減する。


《森脇稔》

アクセスランキング

  1. フェラーリ『12チリンドリ』日本上陸…フェラーリと言えば12気筒、12気筒と言えばフェラーリ
  2. トヨタ認証不正「国連基準」も満たさず、海外でも生産できない可能性[新聞ウォッチ]
  3. アバルトがボートになった! 世界限定500艇…新型『オフショア』発表
  4. トヨタ“謝罪”株主総会スタート、「出席表明」の豊田章男会長は“ドタキャン”[新聞ウォッチ]
  5. ウルトラスポーティ?! フィアットの小型ピックアップトラック『ストラーダ』に新仕様
  6. オフロード性能を極めたバス、「世界で最も頑丈」と標榜…チェコのトルサスが新型を発表
  7. 紙の切符にパチン! 西武池袋線の4駅で復活
  8. 日産が車中泊モデル「MYROOM」ラインアップ拡充---バネットを投入予定
  9. 「特大グリル」ついに装着!? 世界に誇る『Sクラス』マイナーチェンジで驚きの進化へ
  10. テスラ『サイバートラック』が警察のパトロール車両に…年内に米国で納車開始へ
ランキングをもっと見る