ルノーが最新物流施設公開、191台のロボットで自動化…注文処理時間を6分の1に短縮

ルノーグループのフランス・ヴィルロワの物流施設
ルノーグループのフランス・ヴィルロワの物流施設全 12 枚

ルノーグループは6月7日、フランスの産業用ロボット企業エクソテックと提携し、エクソテックのシステムを導入した新世代の物流施設を初公開した。このヴィルロワの物流施設では、物流の自動化が図られている。

この新世代ソリューションの導入は、自動車メーカーとしては世界初であり、ルノーグループの技術革新の一環という。

この協力により、ルノーグループは顧客満足度を高レベルで確保することが可能となる。191台の「Skypod」ロボットが、部品の受け取りから出荷までの流れを自動化し、顧客注文の処理時間を6分の1に短縮する。このソリューションは、従業員の労働環境を改善するだけでなく、従来の方法と比較して工場のエネルギー消費を30%削減する。

Skypodロボットは、高い場所でアイテムのピックアップを行い、落下のリスクを排除する。部品注文の準備時間は6分の1に短縮され、工場の保管面積も削減される。

エクソテックの革新的な新世代物流ソリューションは、その柔軟性と生産ニーズの変化への適応力で際立っている。ストレージモジュールやロボットの追加、コンベヤーの変更により、リアルタイムで調整が可能であり、施設の日常業務のニーズに対応する。

現在、191台のロボットが特定の要件に応じて展開されており、ピッキング、在庫管理、収納、圧縮などの作業を行っている。エクソテックは、物流センターでの製品フロー管理に柔軟でスケーラブルなソリューションを用意している。


《森脇稔》

アクセスランキング

  1. フェラーリ『12チリンドリ』日本上陸…フェラーリと言えば12気筒、12気筒と言えばフェラーリ
  2. トヨタ認証不正「国連基準」も満たさず、海外でも生産できない可能性[新聞ウォッチ]
  3. アバルトがボートになった! 世界限定500艇…新型『オフショア』発表
  4. トヨタ“謝罪”株主総会スタート、「出席表明」の豊田章男会長は“ドタキャン”[新聞ウォッチ]
  5. ウルトラスポーティ?! フィアットの小型ピックアップトラック『ストラーダ』に新仕様
  6. オフロード性能を極めたバス、「世界で最も頑丈」と標榜…チェコのトルサスが新型を発表
  7. 紙の切符にパチン! 西武池袋線の4駅で復活
  8. 日産が車中泊モデル「MYROOM」ラインアップ拡充---バネットを投入予定
  9. 「特大グリル」ついに装着!? 世界に誇る『Sクラス』マイナーチェンジで驚きの進化へ
  10. テスラ『サイバートラック』が警察のパトロール車両に…年内に米国で納車開始へ
ランキングをもっと見る