ステランティスがオペル本社を刷新へ…カーボンニュートラルな施設めざす

ステランティスの「grEEn-campus」プロジェクトで刷新されるオペルのドイツ・リュッセルスハイム本社
ステランティスの「grEEn-campus」プロジェクトで刷新されるオペルのドイツ・リュッセルスハイム本社全 3 枚

ステランティスは6月10日、ドイツ・リュッセルスハイムのオペル本社で「grEEn-campus」プロジェクトを行うと発表した。

2024年内に、同地での起工式が予定されている。このプロジェクトは、ステランティスが2038年までにカーボンニュートラル企業になるという目標を達成するための重要な一歩。オペルがグループ内でドイツブランドとしての地位を強調するものという。

今後数年間で、ステランティスはオペル本社を持続可能な施設に刷新し、従業員の職場に対する新しい要求に対応する。この新しい本社は、現代的で効率的、かつフレンドリーで都市的な環境を実現することを目指している。

ステランティスの「grEEn-campus」は、同社が歴史を持つ主要国に位置している。grEEn-campusの「EE」は、環境保護と従業員の教育を意味しており、エネルギーの効率化と従業員の経験向上を目指している。

オペル本社では、管理、デザイン、研究開発、販売の各部門の従業員のために、現代的で効率的なオフィスと職場が設けられる。オペルの「グリーンオベーション」哲学に基づき、計画は持続可能性を中心に進められている。


《森脇稔》

アクセスランキング

  1. トヨタ認証不正「国連基準」も満たさず、海外でも生産できない可能性[新聞ウォッチ]
  2. アバルトがボートになった! 世界限定500艇…新型『オフショア』発表
  3. トヨタ“謝罪”株主総会スタート、「出席表明」の豊田章男会長は“ドタキャン”[新聞ウォッチ]
  4. 日産が車中泊モデル「MYROOM」ラインアップ拡充---バネットを投入予定
  5. ウルトラスポーティ?! フィアットの小型ピックアップトラック『ストラーダ』に新仕様
  6. 紙の切符にパチン! 西武池袋線の4駅で復活
  7. 「特大グリル」ついに装着!? 世界に誇る『Sクラス』マイナーチェンジで驚きの進化へ
  8. オフロード性能を極めたバス、「世界で最も頑丈」と標榜…チェコのトルサスが新型を発表
  9. ブリッツのエキゾーストシステム「ニュルスペック・カスタムエディション」に『N-BOXカスタム』用を追加
  10. トヨタ製の新型スーパーカー、いよいよ市販化へ!GRかレクサスか、テストで響くV8ターボの咆哮
ランキングをもっと見る