「特大グリル」ついに装着!? 世界に誇る『Sクラス』マイナーチェンジで驚きの進化へ

巨大なフロントグリルを装着したメルセデスベンツ Sクラス 改良新型(スクープ写真)
巨大なフロントグリルを装着したメルセデスベンツ Sクラス 改良新型(スクープ写真)全 7 枚

メルセデスベンツが誇るフラッグシップ・4ドアサルーン、『Sクラス』が大規模な進化を遂げる。フルモデルチェンジではないものの、内外装は大きく変わることになりそうだ。そのひとつが「顔」。特大フロントグリルを装着したプロトタイプをスクープした。

第7世代となる現行Sクラス(W223型)は2020年に発売。これまでは通常、およそ4年サイクルでフェイスリフトが行われていたが、『GLE』や『Aクラス』などをはじめサイクルが延長されてきており、現行Sクラス初の大幅改良モデルも登場から4年半後となる2025年春に登場すると思われる。

メルセデスベンツ Sクラス 改良新型(スクープ写真)メルセデスベンツ Sクラス 改良新型(スクープ写真)

今回スクープしたのは2台のSクラスだ。そのうちの1台、黒いプロトタイプのフロントマスクには新設計となる巨大なグリルが採用されていることがわかる。高さ方向ではバンパーに食い込むように下端付近まで伸びており、これまでで最大級のグリルとなりそうだ。

ヘッドライトは仮のもののようで、市販時には新しいユニットが装着されることになる。

全面がラッピングされたもう1台のプロトタイプからはリアセクションを見ることができる。完全にカモフラージュされているため詳細を知ることはできないが、裏を返せば全面をラッピングするほど変更点が盛り込まれる可能性が高いということ。テールライトやバンパーをはじめ、大規模なイメージチェンジがおこなわれると見られる。

メルセデスは昨年、将来のすべてのモデルシリーズに「ピラーtoピラーディスプレイ」が搭載されることを発表している。車内左右のピラーをつなぐほどの長さを持つインフォテインメントディスプレイのことで、先行して『Eクラス』では展開されている。このSクラスでもオプション設定される可能性がある。

メルセデスベンツ Sクラス 改良新型(スクープ写真)メルセデスベンツ Sクラス 改良新型(スクープ写真)

現行Sクラスのパワートレインは、最高出力448ps、最大トルク559Nmを発揮する3.0リットル直列6気筒ターボエンジン+マイルドハイブリッドの「S 500」や、最高出力503psを発揮する4.0リットルV8ツインターボエンジンを搭載する「S580」他がラインナップされている。S580に積まれている「M176」エンジンは「M177」に変更され、最高出力は517psへ向上することがわかっている。それに伴い、他のグレードも出力やプラグインハイブリッドのEV走行距離が向上すると予想される。

ショーファーサルーンの代名詞がどのような進化を果たすのか。要注目だ。

《APOLLO NEWS SERVICE》

【注目の記事】[PR]

ピックアップ

アクセスランキング

  1. フェラーリ『12チリンドリ』日本上陸…フェラーリと言えば12気筒、12気筒と言えばフェラーリ
  2. トヨタ認証不正「国連基準」も満たさず、海外でも生産できない可能性[新聞ウォッチ]
  3. トヨタ“謝罪”株主総会スタート、「出席表明」の豊田章男会長は“ドタキャン”[新聞ウォッチ]
  4. アバルトがボートになった! 世界限定500艇…新型『オフショア』発表
  5. ウルトラスポーティ?! フィアットの小型ピックアップトラック『ストラーダ』に新仕様
  6. 紙の切符にパチン! 西武池袋線の4駅で復活
  7. 日産が車中泊モデル「MYROOM」ラインアップ拡充---バネットを投入予定
  8. オフロード性能を極めたバス、「世界で最も頑丈」と標榜…チェコのトルサスが新型を発表
  9. 「特大グリル」ついに装着!? 世界に誇る『Sクラス』マイナーチェンジで驚きの進化へ
  10. テスラ『サイバートラック』が警察のパトロール車両に…年内に米国で納車開始へ
ランキングをもっと見る