スーパーワゴンが14年ぶりに復活! BMW『M5ツーリング』最終デザインを大予想

BMW M5ツーリング 新型(予想CG)
BMW M5ツーリング 新型(予想CG)全 9 枚

BMW『M5セダン』のティザーキャンペーンが始まり、その発表も間近に迫っている中、さらなる注目を集めているのが十数年ぶりに復活するワゴン版『M5ツーリング』だ。今回は最新情報をもとに、その最終デザインにせまる。

「M5」の起源は、「E28」型の5シリーズをベースとした1984年に遡る。以来、5シリーズの最上位パフォーマンスモデルとして代々設定されてきた。一方でステーションワゴン版であるM5ツーリングは、「E34」型(1992年から1995年に生産)と「E61」型(2007年から2010年に生産)の2モデルのみだった。最新世代で久々の復活とあって、注目を集めている。

海外メディア「KOLESA.RU」の協力により作成された予想CGから、最終デザインをプレビューしよう。

BMW M5ツーリング 新型(予想CG)BMW M5ツーリング 新型(予想CG)

新型の主な特徴の1つは、拡大されたホイールアーチだ。新世代M5では、先代のようにフロントアーチだけでなく、リアアーチもワイドになり、フロントに巨大な20インチ、リアに21インチのアロイホイールを装着する。これらはツーリングでも踏襲される。

フロントエンドでは、水平バーを備えた新デザインのキドニーグリル、そしてバンパーにも第二のキドニーグリルと呼べそうな大開口のエアインテークが採用される。実用性の高いステーションワゴンでありながら、ただモノではないオーラが漂う。

セダンとの大きな違いは何といってもリアセクションだ。アッパーボディはベース車のスリークなデザインそのままだが、張り出したバンパーにはアグレッシブなディフューザーと円形の4本出しマフラーがのぞく。

BMW M5ツーリング 新型(予想CG)BMW M5ツーリング 新型(予想CG)

最大の注目であるパワートレインは、『XM レーベル・レッド』に搭載される4.4リットルV型8気筒ツインターボエンジンと、29.5kWhリチウムイオンバッテリーを採用し、デュアルモーターを組み合わせたAWDとなる。トランスミッションは8速ATで、最高出力は748ps、最大トルク1000Nmと噂されている。

新型M5ツーリングのワールドプレミアは、2024年内に予定されている。日本導入は2025年か。

《APOLLO NEWS SERVICE》

【注目の記事】[PR]

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 【CX-60 vs クラウンスポーツ】スペック比較…国産プレミアム対決、似て非なる2台の真価とは
  2. 三菱『アウトランダー』2024年モデルを米国発表、最先端の三菱車として人気に
  3. いすゞ『フォワード』に15トン以上モデルを追加…カミンズと共同開発した直6ディーゼル搭載
  4. レクサス欧州販売21%増で2年連続で増、『NX』が最量販に 2024年上半期
  5. メルセデスベンツ『EQC』が引退、Cクラス電動SUVの『GLC EV』登場!
  6. インフィニティのSUV『QX60』2025年モデル、精悍な「ブラックエディション」新設定
  7. スバル『フォレスター』の2024年モデル、米国の後方衝突防止テストで最高評価
  8. 世界が驚く新技術を搭載したオールシーズンタイヤ『ダンロップ シンクロウェザー』発表
  9. 欧州でも「威風堂々」、三菱 アウトランダー PHEV 新型を10月発表へ
  10. [音のプロが推す“超納得”スタートプラン]“音”か“使い勝手”か、不満に対して最適な作戦を選択!
ランキングをもっと見る