アルピーヌ初のEV、コンパクトハッチ『A290』欧州発表…220馬力モーター搭載

アルピーヌ A290
アルピーヌ A290全 5 枚

アルピーヌは6月13日、小型5ドアハッチバックのスポーツEV、『A290』(Alpine A290)を欧州で発表した。ブランド初のEVになる。

アルピーヌ A290アルピーヌ A290

A290は、AmpR Smallプラットフォームを採用した。このプラットフォームは、フロントアクスルの重量を軽減し、重心を低くすることで、剛性を高め、室内空間を最大化する。スケートボードスタイルのアーキテクチャと小型モーターにより、前部がコンパクトになり、バランスを追求している。

AmpR Smallプラットフォームをベースに、モーターの変更、専用サスペンションやブレーキ、タイヤ、トルクマネジメントなど、アルピーヌのエンジニアによるチューニングが施されている。その結果、「GTパフォーマンス」と「GTS」では、最大出力220hp、最大トルク300Nmを獲得した。車両重両は1479kg。0-100km/h加速6.4秒というセグメント最高のパフォーマンスを実現している。

アルピーヌ A290アルピーヌ A290

スロットルレスポンスは電動モーターの高出力とトルクにもかかわらず、制御しやすいように調整されている。ドライビングモードに応じてレスポンスの範囲が変わるが、運転の楽しさとパフォーマンスを高めている。

A290のエンジニアは、アルピーヌならではのトルクテクノロジーを開発し、最適なトルクを細かく調整することで、トラクションを最大化する。バッテリー容量が低下しても、パワーロスなく繰り返し高性能を発揮するという。

アルピーヌ A290アルピーヌ A290

A290は、4つの異なるアルピーヌドライビングモード(セーブ、ノーマル、スポーツ、パーソナル)を備えており、ステアリングホイールのボタンで調整可能だ。ステアリングホイールの赤いボタンで制御されるオーバーテイク機能は、押している間、最大10秒間追加のパワーが得られる。

この5ドア、5シーターのシティカーは、全長が3990mmだ。トランク容量は326リットルを確保している。

アルピーヌ A290アルピーヌ A290

《森脇稔》

【注目の記事】[PR]

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 【スバル レヴォーグレイバック 新型試乗】安全安全ってアピールするけれど、特別すごいの?…岩貞るみこ
  2. スズキ『KATANA』がピザカッターになった…「ピザカッターナ」2000個限定で予約販売
  3. 高みを目指すサウンドカーが集結!『第11回ヨーロピアンサウンドカーオーディオコンテスト』注目車レビュー Part. 1
  4. 『ドラゴンボール』悟空とベジータがドリフトパフォーマンス、フュージョン!?
  5. ラジコンみたいなスポーツカー発売!? 英アリエルの新型『ノマド2』はオフロードもお手のもの
  6. 【ホンダ フリード 新型】AIRの外観はシンプルながらも上質[詳細画像]
  7. 日産『GT-R』最後の北米限定車「T-spec 匠エディション」&「スカイライン・エディション」がエモすぎる[詳細画像]
  8. アウディが幻のスポーツセダンを現代の技術で再現、16気筒スーパーチャージャーは520馬力
  9. 次世代ロータリースポーツ『RX-9』登場は2025年!? 特許申請を確認「アクティブリアスポイラー」採用は
  10. 「コンパクトだけどフラッグシップ」な電動SUV、アルファロメオ『ジュニア・ヴェローチェ』[詳細画像]
ランキングをもっと見る