アントレックスがフル電動三輪ビークル『Entre Cargo』発売

Entre Cargo
Entre Cargo全 9 枚

アントレックスは、最新型三輪フル電動モビリティ『Entre Cargo』を6月20日に発売した。アシスト自転車や電動スクーターを取り扱う中で、顧客からの「荷物が積みきれない」「重いものを積むと危ない」といった要望に応える形で開発された。

Entre CargoEntre Cargo

Entre Cargoは、最大90kgの積載能力と三輪のファットタイヤによる高い安定性が特徴。フル電動で楽に移動できるため、通勤や買い物、釣りやピクニック、農作業など多様なシーンでの利用が期待されている。また、プロ向けの配送用やキャンプ場、観光地での利用にも適している。

このモデルは第一種原動機付自転車(ミニカー)に区分され、普通免許が必要となる。車検や車庫証明、ガソリンが不要で、維持費や初期費用を抑えられる点も魅力だ。

Entre CargoEntre Cargo

Entre Cargoの特長として、カーブで傾かない安定性、広々とした荷台、取り外し可能なバッテリー、そして簡単な操作性が挙げられる。20インチのファットタイヤとフロントサスペンションを採用しており、悪路でも安心して走行できる。

全長182cm、幅75cm、車高105cm、重量は本体46kg、バッテリー4kgで、充電1回あたりの走行距離はモードにより25kmから45kmまで対応する。最高速度は35km/hで、シマノ7速ギアを搭載している。

Entre CargoEntre Cargo

Entre Cargoは9月から順次出荷予定で、現在予約受付中。価格は29万7000円だが、早割予約特典として28万2150円で購入可能だ。

《小崎未来@DAYS》

【注目の記事】[PR]

ピックアップ

アクセスランキング

  1. ワゴンにも「GR」!? トヨタ『GRカローラツーリング』はBMW Mチャレンジャーなのか
  2. V6ターボ&ハイブリッドで367馬力! 新「アウディA5」にハイパフォーマンスモデル『S5』登場
  3. 洗車時の悩みをコメリが解決…CRUZARDブランドから「ホーススライダー」「未塗装樹脂コーティング剤」発売
  4. 小さな高級車に「GRヤリス」の技術を投入、レクサス『LBX MORIZO RR』発表 価格は650万円から
  5. 映像公開! ド迫力のスバル「プロジェクト・ミッドナイト」がヒルクライムに挑んだ
  6. アウディA4がフルモデルチェンジ、車名は『A5』に…欧州発表
  7. 日産の新型商用車『インタースター』、ユーロCAPで最高評価を獲得
  8. 北米版『日産 エクストレイル』のオフロード仕様「Rock Creek」がかなりシブい[詳細画像]
  9. 「F1技術の成果」レッドブルが市販ハイパーカー『RB17』発表…900kgのボディに1200馬力V10搭載
  10. ポルシェ『911』初のハイブリッド誕生、3.6リットル電動ターボの「カレラGTS」
ランキングをもっと見る