アウディ『RS 3』新型がニュルブルクリンクで新記録…実車は8月デビューへ

アウディ『RS 3』新型がニュルブルクリンクで新記録
アウディ『RS 3』新型がニュルブルクリンクで新記録全 12 枚

アウディは6月21日、新型『RS 3』のプロトタイプが、ドイツ・ニュルブルクリンク北コースで新たなラップ記録を樹立した、と発表した。7分33秒123のタイムを記録し、このクラスでの最速ラップタイムを5秒以上も短縮した。実車は8月にデビューする予定だ。

アウディRS3新型のプロトタイプアウディRS3新型のプロトタイプ

アウディのレーシングおよび開発ドライバーのフランク・スティップラーが担当。これにより、『A3』シリーズのトップモデルであるRS 3が再び最速のコンパクトカーであることが証明された。

この記録は、最適化されたコーナリング性能によって可能となった。ブレーキトルクベクタリングを含む微調整により、コーナーの入り口でより早く、より制御された形で旋回できるようになった。これにより、コーナー出口でのステアリング角度が減少し、摩擦が少なくなり、次の直線での加速が早まるという。

アウディRS3新型のプロトタイプアウディRS3新型のプロトタイプ

車両の優れた走行ダイナミクスの基盤は、リアホイール間のトルク分配を完全に可変にするトルクスプリッター、電子安定制御、ホイール選択トルク制御(ブレーキトルクベクタリング)、およびRSスポーツサスペンションのオプションであるアダプティブダンパーの相互作用にある。モジュラー車両ダイナミクスコントローラーは、強化されたアルゴリズムにより、横方向のダイナミクスに関連するすべてのコンポーネントからのデータをより高感度で接続する。

5気筒ガソリンターボエンジンは400psと500Nmを発揮する。ピレリPゼロトロフェオRセミスリックタイヤ、19インチセラミックブレーキシステム、アダプティブダンパー制御付きRSスポーツサスペンション、および最適化されたシャシーセットアップと組み合わせることで、新型RS 3はさらに力強くコーナーを駆け抜ける、としている。

アウディRS3新型のプロトタイプアウディRS3新型のプロトタイプ
アウディRS3新型のプロトタイプアウディRS3新型のプロトタイプ

《森脇稔》

【注目の記事】[PR]

ピックアップ

アクセスランキング

  1. ワゴンにも「GR」!? トヨタ『GRカローラツーリング』はBMW Mチャレンジャーなのか
  2. V6ターボ&ハイブリッドで367馬力! 新「アウディA5」にハイパフォーマンスモデル『S5』登場
  3. 洗車時の悩みをコメリが解決…CRUZARDブランドから「ホーススライダー」「未塗装樹脂コーティング剤」発売
  4. 小さな高級車に「GRヤリス」の技術を投入、レクサス『LBX MORIZO RR』発表 価格は650万円から
  5. 映像公開! ド迫力のスバル「プロジェクト・ミッドナイト」がヒルクライムに挑んだ
  6. アウディA4がフルモデルチェンジ、車名は『A5』に…欧州発表
  7. 日産の新型商用車『インタースター』、ユーロCAPで最高評価を獲得
  8. 北米版『日産 エクストレイル』のオフロード仕様「Rock Creek」がかなりシブい[詳細画像]
  9. 「F1技術の成果」レッドブルが市販ハイパーカー『RB17』発表…900kgのボディに1200馬力V10搭載
  10. ポルシェ『911』初のハイブリッド誕生、3.6リットル電動ターボの「カレラGTS」
ランキングをもっと見る