「ファン」から 「イヤホンマイク」まで、車内ユーティリティ電化アイテム【特選カーアクセサリー名鑑】

EXEA・クリップスティックファン(LEDランプ付き)(EE-113)
EXEA・クリップスティックファン(LEDランプ付き)(EE-113)全 6 枚

アイデアが光る最新「カーアクセサリー」を選りすぐって紹介している当コーナー。今回は、タイプの異なる電動アイテム3つを取り上げる。これらを使うとドライブの快適性がアップする。さて、その3アイテムとは……。

最初に、暑いこの季節に重宝するこちら「EXEA(エクセア)」の『クリップスティックファン(LEDランプ付き、EE-113)』(価格:オープン、実勢価格:4600円前後)から紹介しよう。昨今、ポータブルタイプの扇風機が使われるケースが増えてきたが、当品なら車内での使用にもってこい。ヘッドレストシャフトやアシストグリップにクリップにて装着できる。

EXEA・クリップスティックファン(LEDランプ付き)(EE-113)EXEA・クリップスティックファン(LEDランプ付き)(EE-113)

スリムなので頭上に付けても邪魔になりにくい。また、フレキシブルアーム仕様となっているので角度調整を自在に行え、全方位に風を送れる。電源はUSB-Aにて取れる。モバイルバッテリーと繋いで車中泊でも活躍可能だ。風量は3段階に変えられる。電源コードは2.5mと長い。

次いではこちら、「Kashimura(カシムラ)」の『Bluetoothイヤホンマイク USB-A取付(BL-121)』(価格:オープン、実勢価格:1980円前後)をお見せしよう。当品はハンズフリー通話が可能となるイヤホンマイクだ。運転中の通話を車載メインユニットにて行うと、スピーカーから出力される相手の声が車外に漏れることもある。でも当品を使えば通話のプライバシーをキープ可能だ。

Kashimura・Bluetoothイヤホンマイク USB-A取付(BL-121)Kashimura・Bluetoothイヤホンマイク USB-A取付(BL-121)

通話しないときには車内のUSB-Aポートに挿しておけば固定と充電を行えて、着信時には当品をコネクタから抜くだけで即、通話を始められる。アクティブノイズキャンセリング機能も搭載済みで、環境音や雑音を抑制したクリアな声を届けられる。

そしてもう1つ、同じく「Kashimura」からリリースされている『コンパクトクロック2(AK-229)』(価格:オープン、実勢価格:1380円前後)を取り上げる。運転席から見やすい場所に時計を取り付けたいと思っていたのなら、当品にご注目を。ステーを使ってダッシュボードの上にポンと置いたり、ルームミラーに貼り付けたりして固定が可能だ。

Kashimura・コンパクトクロック2(AK-229)Kashimura・コンパクトクロック2(AK-229)

なおボディはコンパクトながら液晶画面は大きいので、時刻を確認しやすい。上部のボタンを押すと約5秒間ブルーバックライトが発光するので夜間の視認性も良好だ。配線不要の電池式(CR2032ボタン電池1個使用)であることも嬉しいポイント。時刻・日付・曜日(漢字)を常に同時に表示する。

今回は以上だ。次回以降もひと工夫が盛り込まれた「カーアクセサリー」を厳選して紹介していく。乞うご期待(記事中の価格はすべて税込。実勢価格は編集部調べ)。

《太田祥三》

【注目の記事】[PR]

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 三菱『アウトランダー』2024年モデルを米国発表、最先端の三菱車として人気に
  2. メルセデスベンツ『EQC』が引退、Cクラス電動SUVの『GLC EV』登場!
  3. マツダの新型EVセダン『EZ-6』、長安マツダ南京工場からラインオフ
  4. プロモーションには大谷選手を起用! ダンロップが次世代オールシーズンタイヤ「シンクロウェザー」発表
  5. スバル『フォレスター』の2024年モデル、米国の後方衝突防止テストで最高評価
  6. サブコンとスロコンの違いとは? 圧倒的な効果とクルマに合った選び方を解説~カスタムHOW TO~
  7. スバル「プロジェクト・ミッドナイト」新写真を公開、グッドウッドを爆走した異次元の『WRX』
  8. GR人気のインドネシアへ、305馬力の『進化版 GRヤリス』を投入
  9. [音のプロが推す“超納得”スタートプラン]“音”か“使い勝手”か、不満に対して最適な作戦を選択!
  10. 「160万円で買うなら、新車の軽? 中古の普通車?」2択アンケート結果は【クルマら部 車論調査】
ランキングをもっと見る