BMW 1シリーズ 新型で最強の『M135i』、その中身とは[詳細画像]

BMW 1シリーズ 新型で最強の『M135i』、その中身とは[詳細画像]
BMW 1シリーズ 新型で最強の『M135i』、その中身とは[詳細画像]全 26 枚

BMWは6月5日、5ドアハッチバックの『1シリーズ』新型に高性能モデルの「M135 xDrive」を欧州で設定すると発表した。

新型『M135』新型『M135』

M135 xDriveには、最大出力300hpの2.0リットル直列4気筒ガソリンターボエンジンを搭載。アダプティブMシャシーとインテリジェントAWDを標準装備している。0~100km/hを4.9秒で加速する

「M135 xDrive」は、アダプティブMシャシーとインテリジェントAWD(全輪駆動)を標準装備しており、これにより優れた走行安定性とコーナリング性能を実現している。外観では、水平バー付きのMラジエーターグリル、Mエクステリアミラーキャップ、4本の排気管が特徴的である。また、Mテクノロジーパッケージには、特定のサスペンションコンポーネント、剛性および軽量化対策、Mコンパウンドブレーキシステム、19インチ鍛造アルミホイールが含まれている。

19インチアルミホイールや、4本だしマフラーが特徴的19インチアルミホイールや、4本だしマフラーが特徴的

内装には「Veganza/Alcantara」が標準装備され、スポーティな雰囲気が強調されています。新型1シリーズの機敏性、ステアリング精度、コーナリングダイナミクスは、ボディ構造とシャシー接続の剛性向上によりもたらされている。高度なシャシー技術には、最適化されたキネマティクス、高負荷のアンチロールバーマウント、新しいショックアブソーバー技術などが含まれている。フロントホイールのキャスターは20%増加し、特に安定した直進安定性と最適化されたステアリングフィードバックが期待できる。

スポーティな雰囲気が強調された内装スポーティな雰囲気が強調された内装

さらに、統合ブレーキシステムが標準装備されており、車高を最大8mm下げるアダプティブMシャシー、スポーツステアリング、Mスポーツブレーキシステムも装備される。

MスポーツブレーキシステムMスポーツブレーキシステム

《宗像達哉》

【注目の記事】[PR]

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 三菱『アウトランダー』2024年モデルを米国発表、最先端の三菱車として人気に
  2. メルセデスベンツ『EQC』が引退、Cクラス電動SUVの『GLC EV』登場!
  3. スバル『フォレスター』の2024年モデル、米国の後方衝突防止テストで最高評価
  4. マツダの新型EVセダン『EZ-6』、長安マツダ南京工場からラインオフ
  5. スバル「プロジェクト・ミッドナイト」新写真を公開、グッドウッドを爆走した異次元の『WRX』
  6. 【CX-60 vs クラウンスポーツ】スペック比較…国産プレミアム対決、似て非なる2台の真価とは
  7. サブコンとスロコンの違いとは? 圧倒的な効果とクルマに合った選び方を解説~カスタムHOW TO~
  8. [音のプロが推す“超納得”スタートプラン]“音”か“使い勝手”か、不満に対して最適な作戦を選択!
  9. プロモーションには大谷選手を起用! ダンロップが次世代オールシーズンタイヤ「シンクロウェザー」発表
  10. 「160万円で買うなら、新車の軽? 中古の普通車?」2択アンケート結果は【クルマら部 車論調査】
ランキングをもっと見る