アイルトン・セナの“顔”と哲学をボディに刻んだ新型マクラーレン、グッドウッド2024で公開

マクラーレン・セナ・センプレ
マクラーレン・セナ・センプレ全 6 枚

マクラーレンは7月11日に英国で開幕する「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード2024」に、伝説的F1ドライバーのアイルトン・セナを称える『セナ・センプレ』を出展する。

同車は、マクラーレン『セナ』をベースにしており、セナの遺産と哲学を反映したというそのデザインが特徴だ。マクラーレン・セナは、究極のロードカーとして設計され、妥協のないパフォーマンスを追求。ミッドシップに4.0リットルV型8気筒ツインターボエンジンを搭載し、最大出力800ps、最大トルク81.6kgmを発生する。トランスミッションはパドルシフト付きの7速デュアルクラッチを組み合わせた。

マクラーレン・セナ・センプレマクラーレン・セナ・センプレ

また、第3世代の「カーボンファイバーモノケージ」の採用をはじめ、すべてのボディパネルをカーボンファイバー化した。これにより、車両重量は『F1』(1993~1998年)以来、最も軽量な1198kgとした。パワーウェイトレシオは、およそ1.49kg/psだ。マクラーレン セナの動力性能は、0~100km/h加速2.8秒、0~200km/h加速6.8秒。最高速は340km/hに到達と、世界屈指の性能を備えている。

セナ・センプレのデザインは、セナの遺産と哲学にインスパイアされており、ブラジル国旗の明るい黄色、緑、青を使用した新しい塗装技術が採用されている。この技術により、塗料が互いに溶け合い、追加の色を作らずにスピードと旗の動きを表現することが可能に。また、車のガラスハウスやフロントガラスの下側にある通気口には、セナのアイコニックなレースヘルメットのデザインが反映されている。

マクラーレン・セナ・センプレマクラーレン・セナ・センプレ

車両の側面には、ビスポーク部門「MSO」の塗装技術者が手作業で描いたアイルトン・セナの2つの異なる表現があり、ドットマトリックス効果でセナの姿を描いている。内装には、黄色のアルカンターラと緑の穴あき加工が施され、ステアリングホイールには白い12時マーカーが付いている。ドアのシルには、セナのサインと彼の哲学を示す引用が刻まれている。

《森脇稔》

【注目の記事】[PR]

ピックアップ

アクセスランキング

  1. ワゴンにも「GR」!? トヨタ『GRカローラツーリング』はBMW Mチャレンジャーなのか
  2. V6ターボ&ハイブリッドで367馬力! 新「アウディA5」にハイパフォーマンスモデル『S5』登場
  3. 洗車時の悩みをコメリが解決…CRUZARDブランドから「ホーススライダー」「未塗装樹脂コーティング剤」発売
  4. 小さな高級車に「GRヤリス」の技術を投入、レクサス『LBX MORIZO RR』発表 価格は650万円から
  5. 映像公開! ド迫力のスバル「プロジェクト・ミッドナイト」がヒルクライムに挑んだ
  6. アウディA4がフルモデルチェンジ、車名は『A5』に…欧州発表
  7. 日産の新型商用車『インタースター』、ユーロCAPで最高評価を獲得
  8. 北米版『日産 エクストレイル』のオフロード仕様「Rock Creek」がかなりシブい[詳細画像]
  9. 「F1技術の成果」レッドブルが市販ハイパーカー『RB17』発表…900kgのボディに1200馬力V10搭載
  10. ポルシェ『911』初のハイブリッド誕生、3.6リットル電動ターボの「カレラGTS」
ランキングをもっと見る