新型特急E353系、「空気ばね式車体傾斜」採用で変化は…外観と技術を見る 5枚目の写真(全18枚)

E353系のパンタグラフ。車体傾斜が1.5度のため、台車枠に直結した台に搭載しているE351系とは異なり、屋根上に搭載する通常の方式だ
《撮影 小佐野カゲトシ》 E353系のパンタグラフ。車体傾斜が1.5度のため、台車枠に直結した台に搭載しているE351系とは異なり、屋根上に搭載する通常の方式だ

ピックアップ