【ホンダ クラリティPHEV 4000km試乗】ホンダのチャレンジを味わいたい“高所得層”向き[後編] 23枚目の写真(全29枚)

クラリティシリーズにはPHEVのほかに、BEV(純電気自動車)、FCEV(燃料電池電気自動車)があるが、いずれもパワーユニットと出力制御ユニットをボンネット内に収容できるのが特徴。ボンネットがつっかえ棒式なのは588万円のクルマとして相応しくない。
《撮影 井元康一郎》 クラリティシリーズにはPHEVのほかに、BEV(純電気自動車)、FCEV(燃料電池電気自動車)があるが、いずれもパワーユニットと出力制御ユニットをボンネット内に収容できるのが特徴。ボンネットがつっかえ棒式なのは588万円のクルマとして相応しくない。

ピックアップ