車両運用を最適かつ自動的に…JR九州が最新テクノロジーを活用し、コスト削減へ (2/3)

これまでの車両運用は、人間がこれらの要件を考慮して総合的に組み立てていたが、それを量子コンピュータやAIなどを活用して自動化・最適化する。
《資料提供 九州旅客鉄道》 これまでの車両運用は、人間がこれらの要件を考慮して総合的に組み立てていたが、それを量子コンピュータやAIなどを活用して自動化・最適化する。