【マツダ・ベリーサ発表】エンジンとトランスミッション

自動車 ニューモデル 新型車
【マツダ・ベリーサ発表】エンジンとトランスミッション
【マツダ・ベリーサ発表】エンジンとトランスミッション 全 4 枚 拡大写真
マツダ『ベリーサ』(6月28日発表・発売)のエンジンは「ZY-VE」型直列4気筒1.5リットルの1本のみ。ベースモデルである『デミオ』と同一のもので、マツダの新世代エンジンMZR属である。

シリンダヘッドに連続可変バルブタイミング機構S-VT(シーケンシャル・バルブタイミング)を備え、全域にわたってトルクフルで扱いやすい特性を実現している。スペックは113ps・14.3kgmと充分。

排ガスはSU-LEV(4つ星)。10-15モード燃費はFF車が16.8km/リットル、4WD車が16km/リットルで、FF車が平成22年度燃費基準+5%、4WD車が平成22年度燃費基準を達成。どちらもグリーン税制の適用モデルとなっている。

トランスミッションは電子制御4速。マニュアルモードなどの機能は一切なく、特別なことでもない限り、Dレンジに放り込んだままで走るという性格のものだ。

減速時の燃料カット領域拡大、ストールトルク比の見直し、登降坂時に適宜低めのギアを選択するスロープコントロールなど、最新モデルに要求される機能は一通り盛り込んである。

《井元康一郎》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • Support Our Kids 第9回海外ホームステイプログラム
  • マツダ NDロードスター チューニングキット
  • マツダとトヨタが米国に建設中のハンツビル新工場の完成イメージ
  • 足回り部品(イメージ)
  • ルノー 新型クロスオーバーSUV 開発車両(スクープ写真)
  • メルセデス AMG E63 改良新型スクープ写真
  • ゲンバラによるオリジナルスーパーカーのティザーイメージ
  • アウディ RS4アバント 改良新型 スクープ写真

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2004/07/02/61758.html/article/2004/07/02/61809.html/article/2004/07/02/61815.html