【ダイハツ ソニカ 創った人】失敗は許されない…堀信介チーフエンジニア

自動車 ニューモデル 新型車
【ダイハツ ソニカ 創った人】失敗は許されない…堀信介チーフエンジニア
【ダイハツ ソニカ 創った人】失敗は許されない…堀信介チーフエンジニア 全 5 枚 拡大写真
「“爽快ツアラー”というコンセプトを実現するために、『ソニカ』には新開発のターボエンジンと、自社で開発した新型CVTを組み合わせています。その結果、軽自動車トップレベルの燃費と動力性能を両立することができました」と語るのはソニカのチーフエンジニアを務めた堀信介さん。

ダイハツの新型軽自動車ソニカに搭載されるパワーユニットは、エンジンもCVTもソニカで初めて採用される新ユニットだ。エンジン自体は昨年登場した『エッセ』と同じ3気筒がベースとなっているが、ターボエンジンとしては初登場となる。

堀さんは「ソニカのエンジンはCVTと組み合わせることで、エンジンそのものの剛性アップに加え、振動や騒音といった要件も進化しました。また、新開発のCVTはリニアリティをもっとも重視し、違和感のないフィーリングを実現しています。そのうえで、加速性能や燃費についても優れた数値をマークしました」という。

実際にソニカに乗ってみると、走り出した瞬間に堀さんのいっている意味が理解できた。今までのCVTを搭載した軽自動車だと、先に回転が上昇して、後から速度がついてきたが、ソニカはエンジン回転の上昇とともに、気持ちよく速度が乗っていくのだ。

そのフィーリングも軽自動車のターボというよりも、1500ccクラスのコンパクトカーのようにフラットなトルク感がある。高回転を使い急加速を試みたときには、多少CVT独特のプーリーまわりから発する金属音が出るが、エンジンの加速性能とCVTのフィーリングに関しては、軽自動車のレベルを超えた域にある。

「このパワーユニットは、後にほかの軽自動車にも採用される予定です。そのため、ソニカで評価を落とすようなことはしたくなかったので、徹底的にチューニングを施しました」という。

確かにこのパワーユニットのフィーリングは、軽自動車でベストの出来といえるものだろう。このエンジンとCVTが量産化され、『ムーヴ』や『タント』に搭載されれば、他社に対して大きなアドバンテージになるはずだ。(つづく)

《岡島裕二》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 改善箇所
  • ダイハツ・タント
  • ダイハツ ソニカを一部改良…内外装を変更
  • ダイハツ ソニカ に資源エネルギー庁長官賞
  • ポルシェ マカン 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズ クーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アルピナ B8グランクーペ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Gクラス 4x4 スクエアード 後継モデルプロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ