【三菱 ランエボX 発表】ステアリングにも秘密あり

自動車 ニューモデル 新型車
【三菱 ランエボX 発表】ステアリングにも秘密あり
【三菱 ランエボX 発表】ステアリングにも秘密あり 全 4 枚 拡大写真
三菱『ランサーエボリューションX』に採用しているステアリングホイールは、ベース車になっている『ギャランフォルティス』とは異なるランエボ専用品。デザインもスポーティだが、直径は365mmでフォルティス用よりも小径になっているのだ。

そんなステアリングホイールには、ポイントが2つある。

ひとつは、ステッチへのこだわり。一般的なステアリングホイールとは違い、ランエボのステアリングホイールの縫い目は表面の凹凸がとても少なくなっているのが特徴だ。

「ラリーやダートラのように激しくステアリングを回す際でも、引っかかりがなくスムーズにステアリングを回せるように考えました」と、ランエボの開発スタッフで商品開発統括部門C-seg商品開発プロジェクトの一樂浩(いちらくひろし)さんはいう。

もうひとつは、パドルシフトとの関係。TC-SST車はパドルシフトを備えているが、ステアリングを小径にしたことで、ベース車に比べてさらにパドル(フォルティスと同形状で取り付け位置も同じ)がより手元に近づき、操作しやすくなっているのである。

《工藤貴宏》

ピックアップ