曙ブレーキ、通期業績見通しの収益を下方修正 北米大型車部品の受注減少

自動車 ビジネス 企業動向
曙ブレーキ工業は、2009年3月期連結決算業績見通しを修正した。

売上高は1723億円を予想していたが、1797億円に上方修正した。主に東南アジアでの需要増や前提としていた為替レートの変動で、北米事業の見かけ上の売上げが増加したため。

収益では、鋼材、鋳物、石化製品などの資材価格の値上がりとそれに伴う販売価格是正が自動車メーカーとの決着がズレたほか、北米地域で付加価値の高い大型車用ブレーキの受注が減少したため、営業利益は130億円から68億円に下方修正した。経常利益は110億円から51億円、当期純利益は58億円から25億円にそれぞれ下方修正した。

《レスポンス編集部》

ピックアップ

Response.TV