【レクサス RX 日本発表】次世代プレミアムSUV

自動車 ニューモデル 新型車
【レクサス RX 日本発表】次世代プレミアムSUV
【レクサス RX 日本発表】次世代プレミアムSUV 全 6 枚 拡大写真
トヨタ自動車は、レクサスブランドから、セダンとSUVの特長をあわせ持つクロスオーバー、『RX450h』/『RX350』を開発、全国のレクサス店を通じて、RX350を19日より、RX450hを4月より発売する。

新型RXは、高級セダンの乗り心地や快適性とSUVの機能性を兼ね備えた次世代クロスオーバーを目指して開発した。

RX450hには、ハイブリッド車であることを鮮明にするため、フロントグリル・フロントバンパー、LEDヘッドランプ、19インチアルミホイールなどの専用デザインをはじめ、シンボルマーク(フロント・リヤ)やヘッドランプ・リヤコンビネーションランプなどに専用のレクサス・ハイブリッドブルーを採用した。

インテリアは、ドライビングに集中できる環境づくりを追求した新感覚コックピットを採用。センターコンソールに手を置いたまま、指先の感触でナビ画面上のポインターを操作できる「リモートタッチ」や世界初の「白色有機EL」を採用した「マルチインフォメーションディスプレイ」、視線の移動を最小限に抑える「ヘッドアップディスプレイ」を採用している。

また、動力性能では、RX450hはレクサス初の3.5リットルV6・アトキンソンサイクルエンジンや高い冷却性能を備えたインバーターの採用など、燃費性能をさらに向上させたハイブリッドシステム+E-Fourの搭載により、4.5リッター車並みのパワーとクラス世界トップの燃費性能を両立。

RX350には、3.5リットルV6エンジンと6速オートマチックトランスミッションを組み合わせるとともに、AWD車に車速や路面状態など、走行状況に応じて最適なトルクを前後輪に配分するアクティブトルクコントロール方式のAWDシステムを採用した。

燃費向上を図り、RX450hでJC08モード走行燃費16.8km/リットル(10・15モード走行燃費=18.8km/リットル)を実現し、2015年度燃費基準を達成するとともに、全車で2005年基準排出ガス75%低減レベルの認定を取得。

販売計画は両モデル合わせて月間650台。生産はトヨタ自動車九州の宮田工場。

価格は、RX450hが570万 - 650万円、RX350が460万 - 565万円。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV