【日産 スカイライン クロスオーバー 試乗】このネーミングはいかがなものか…岡本幸一郎

試乗記 国産車
【日産 スカイライン クロスオーバー 試乗】このネーミングはいかがなものか…岡本幸一郎
【日産 スカイライン クロスオーバー 試乗】このネーミングはいかがなものか…岡本幸一郎 全 5 枚 拡大写真
近年の日産には、印象深いデザインの車種がいくつもあるが、またしてもそれを象徴する1台が出てきた。日本車離れした雰囲気もあるし、いまやピンからキリまでさまざまなタイプが存在する世のSUVの中でも、ひときわ異彩を放っている。  

ただ、このオシャレさが、このクルマを普通に買える経済力のある中高年層の人にとっては、なかなか理解されにくいような気がする。  

クルマとしての仕上がりは上々で、SUVらしからぬ重心の低さが効いている。『スカイラインセダン』より乗り心地もよく、素直なハンドリングも印象的だ。  

FR車をラインアップしているところも特徴的。基本はSUVだし、おそらく車重などの条件の厳しいAWDをメインに開発されたと思うが、結果的にFR車のほうが好印象に仕上がっているように感じられた。  

ところで、クルマの本質とはまったく関係ない話だが、このネーミングはいかがなものか。もはや「スカイライン」の神通力もすっかり薄れてしまったわけだが、依然として良いイメージがあることには違いないので、それはよしとしよう。しかし、「クロスオーバー」という言葉は、日本ではそれほど浸透していないし、語感もあまりよろしくないように思う。クルマがとてもオシャレなだけに、ちょっと残念…。  

■5つ星評価 
パッケージング:★★★ 
インテリア/居住性:★★★★ 
パワーソース:★★★★ 
フットワーク:★★★★ 
オススメ度:★★★★  

岡本幸一郎|モータージャーナリスト 
1968年富山県生まれ。学習院大学卒業後、自動車メディアの世界へ。自動車情報ビデオマガジン、自動車専門誌の記者を経て、フリーランスとして活動を開始。最新モデルからヒストリックカー、カスタマイズ事情からモータースポーツ、軽自動車から輸入高級車まで、幅広い守備範囲を自負する。現在は WEB媒体を中心に執筆中。「プロのクルマ好き」として、常に読者にとって役に立つ情報を提供できるよう心がけている。

《岡本幸一郎》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • マツダ3 新型 セダン(SKYACTIV-D 1.8)
  • 日産 リーフe+ 4200km試乗
  • メルセデスベンツ Bクラス 新型(B180)
  • シトロエン C3エアクロス
  • BMW 5シリーズツーリング 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ダッジ チャージャーSRTヘルキャット ワイドボディ カスタムカー
  • ランボルギーニ エストーケ コンセプト(参考画像)
  • VW T7 開発車両スクープ写真

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2009/09/08/129208.html/article/2009/09/08/129196.html/article/2009/09/08/129277.html