クライスラーもインセンティブ開始、トヨタ3車ねらいうち

自動車 ビジネス 企業動向
ラムトラック
ラムトラック 全 2 枚 拡大写真
クライスラーグループは1月29日、米国でトヨタ車から代替する顧客を対象にしたインセンティブを開始すると発表した。

これは米国トヨタ販売が1月21日、『カムリ』や『カローラ』など8車種について、アクセルペダルの不具合により約230万台のリコールを行うと発表したのを受けたもの。26日、トヨタは北米での8車種の生産と販売を一時中止。27日には、リコール対象車種を5モデル、約109万台追加した。

すでにトヨタのリコール問題を商機ととらえ、GM、フォード、ヒュンダイが同様のインセンティブを米国で実施。クライスラーも、これに追随する。

他社と異なるのは、クライスラーが明確にターゲットを絞り込んでいる点だ。トヨタのピックアップトラックの『タンドラ』と『タコマ』、ミニバンの『シエナ』の3車種からクライスラー、ジープ、ダッジ、ラムトラックの各ブランドに乗り替える顧客に、1000ドル(約9万円)を値引きする。もちろん、このトヨタ3車は、リコール対象車だ。

このインセンティブは、3月1日まで実施。クライスラーグループ、ラムトラックブランドのフレッド・ディアス社長兼CEOは、「我々の『ラム』トラックは、トラックオブザイヤーを受賞するなど、最高の商品。また、ミニバンの『タウン&カントリー』(日本名:『グランドボイジャー』)も、65以上もの革新的装備を採用している」とアピールに懸命だ。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ジープ・グランドチェロキー(米国仕様)
  • FCAのアメリカ、オーバーンヒルズ本社
  • FCAのラムブランドの商用車
  • FCAの個人間でのカーシェア支援アプリ「I-Link」のイメージ
  • メルセデスベンツ Sクラス 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW T7 市販型プロトタイプ(左)と現行モデルのT6(右)を捉えたスクープ写真
  • メルセデスベンツ EQE 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ