ボルボ V50 など、洗浄液量はだいじょうぶ?

自動車 ビジネス 国内マーケット
改善箇所説明図
改善箇所説明図 全 1 枚 拡大写真
ボルボ・カーズ・ジャパンは12日、『V50』など計5車種の洗浄液レベルセンサに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは、2009年12月23日~11年3月28日に輸入された3463台。

洗浄液容器に取り付けられているレベルセンサが、ヘッドライト洗浄用ポンプにより生成される磁界の影響により正常に機能せず、洗浄液の液量が低下しても警告メッセージが表示されず、液量低下に気づかないおそれがある。

『XC60』についてはヘッドライト洗浄用ポンプの取り付け角度を変更し、『C30』『C70』『S40』『V50』については磁界遮蔽用スリーブを取り付ける。

不具合発生はなく、本国メーカーからの情報でわかった。事故は起きていない。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • プジョー5008
  • ヤマハ YZF-R25(2018年)
  • BMW 2シリーズ
  • 改善箇所
  • BMW 2シリーズ クーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アルピナ B8グランクーペ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Gクラス 4x4 スクエアード 後継モデルプロトタイプ(スクープ写真)
  • スバル BRZ 次期型 予想CG

ピックアップ