レクサスGS/ES新型、緊急トランクオープナーの不備を指摘…米消費者誌

自動車 テクノロジー 安全
新型レクサスGS
新型レクサスGS 全 2 枚 拡大写真
レクサスが、米国で販売している新型『GS』と『ES』。両車の緊急トランクオープナーに不具合があると、米国の有力消費者誌が指摘している。

これは10月12日、米国の『コンシューマーリポート』が明らかにしたもの。新型レクサスGSとESをテストした結果、「緊急トランクオープナーに不備がある」と公表したのだ。

この緊急トランクオープナーは、万一、子どもがトランク内に入り込み、トランクが閉まった場合、トランクの内側からトランクが開けられる機構。『コンシューマーリポート』によると、新型GSとESの緊急トランクオープナーのノブが、引っ張っただけで簡単に折れてしまい、その機能を果たしていないという。

『コンシューマーリポート』は、「トランク内に閉じ込められた人が、脱出できない可能性がある」とコメントしている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • スバル・アセント
  • マツダMX-5ミアータ(日本名:ロードスター)
  • テスラ・モデル3
  • テスラ・モデル3
  • BMW X3 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Sクラス 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW T7 市販型プロトタイプ(左)と現行モデルのT6(右)を捉えたスクープ写真

ピックアップ