12月のスズキのインド新車販売、3.2%増…伸びが鈍化

自動車 ビジネス 海外マーケット
スズキ・スイフトの4ドアセダン、Dzire
スズキ・スイフトの4ドアセダン、Dzire 全 5 枚 拡大写真
インド新車市場でトップシェアを握るスズキのインド子会社、マルチスズキは1月3日、2012年12月のインド新車販売の結果を公表した。輸出を含めた総販売台数は、9万5145台。前年同月比は3.2%増と、11月の12.5%増から伸び率が鈍ったものの、4か月連続で前年実績を上回った。

9万5145台の販売台数の内訳は、インド国内が8万2073台。前年同月比は5.9%増と、4か月連続で増加した。輸出は1万3072台。前年同月比は11%減と、3か月ぶりに前年実績を割り込む。

車種別では、主力のAセグメントの『アルト』『ワゴンR』『エスティロ』『スイフト』『リッツ』(日本名:『スプラッシュ』)『Aスター』などが、合計で6万8729台を販売。前年同月比は0.9%減と、4か月ぶりに前年実績を下回る。2012年2月に発売したスイフトの4ドアセダン、『DZire』は42.3%増の1万3076台と引き続き好調だ。

一方、Aセグメントの下に位置するCセグメントでは、『オムニ』『イーコ』が7897台を販売。前年同月比は0.1%減と、3か月連続のマイナスとなった。

SUVやMPVなどのBセグメントでは、新型コンパクトMPVの『エルティガ』を2012年4月に投入した効果が持続し、合計で5447台を販売。前年同月実績に対して、約23倍もの伸び率を記録する。

マルチスズキの2012年4-12月新車販売(輸出を含む)は、82万7725台。前年同期比は7%増と、プラスを保っている。

《森脇稔》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 「原付2種」は最強のシティコミューターなのか? 主要3メーカーのスクーターを乗り比べ
  2. カワサキ・メグロK3…ブランド復活、価格は132万円[詳細写真19点]
  3. BMW『i4』、4ドアグランクーペEV量産開始…航続は最大590km
  4. ウド鈴木も登場…トヨタ博物館クラシックカー・フェスティバルを開催
  5. ブレーキパッド交換時の選択肢…安全とコストに差が出る!
  6. 世界初の工法を編み出したエンジニアの挑戦、レクサス板金技術者が語る『R3』への道…名古屋オートモーティブワールド2021PR
  7. トヨタの新型ミッドシップ計画は生きていた!? アンダー600万円で出るか「MR2」後継
  8. エアコンや視界を遮らない、コンソール専用ドリンクホルダー発売 まずはカローラ/RAV4用
  9. 世界強度レベルの車体骨格を成形…JFEスチールの工法がレクサス新型で採用
  10. マニアック?! 懐かしの名車210台が集結…カーフェスティバルin川島町
ランキングをもっと見る