【ジュネーブモーターショー13】スバル フォレスター新型、欧州デビュー…ボクサーディーゼル搭載

自動車 ニューモデル モーターショー
新型スバル フォレスター 欧州仕様(ジュネーブモーターショー13)
新型スバル フォレスター 欧州仕様(ジュネーブモーターショー13) 全 10 枚 拡大写真
3月5日、スイスで開幕したジュネーブモーターショー13。スバルのブースでは、新型『フォレスター』が欧州プレミアを飾っている。

新型フォレスターは2012年11月、日本国内で発表。それから4か月を経たジュネーブモーターショー13において、欧州仕様がデビューを果たした。

欧州仕様のエンジンは、基本的に日本仕様に準じる。ガソリンユニットは、2.0リットル水平対向4気筒自然吸気(最大出力150ps)と、直噴2.0リットル水平対向4気筒ターボ(最大出力280ps)の2種類となる。

欧州仕様ならではのパワートレインが、ディーゼル。2.0リットル水平対向4気筒ターボ、「ボクサーディーゼル」が設定された。現時点では、パワースペックは未公表。

また新型には、「X-MODE」と呼ばれる新しい4WDシステムを採用。室内のスイッチを操作することで、エンジン、トランスミッション、VDCなどを最適に制御し、悪路走破性を引き上げた。

新型フォレスターは欧州では5月、販売が開始される予定。スバルは「先代よりも、パフォーマンス、安全性、燃費性能を高めた」と説明している。

《森脇稔》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV