フォード、「スーパーセグメント」を定義…米国の主力車に

自動車 ビジネス 海外マーケット
新型フォード・エスケープ
新型フォード・エスケープ 全 4 枚 拡大写真
米国の自動車大手、フォードモーターは3月20日、自動車を分類する新たな用語として、「スーパーセグメント」を定義すると発表した。

スーパーセグメントとは、サブコンパクトカー、コンパクトカー、小型SUV、ミッドサイズセダンの4カテゴリーをひと括りにした新名称。これら4カテゴリーは、米国の新車販売の半分以上を占めていることから、同社はスーパーセグメントと呼び、認知度を向上させる。

フォードモーターの車両で、スーパーセグメントに該当するのは、『フィエスタ』、『フォーカス』、『エスケープ』、『フュージョン』など。同社によると、2004年の米国新車販売において、スーパーセグメントが占める割合は35%。これが、ベビーブーマー世代のダウンサイジング志向の強まりや、2000年以降に生まれた若い世代が初のマイカーを手にする時代になると、大きく伸びる可能性が高いという。

実際、2013年1‐2月のフォードモーターの米国新車販売では、スーパーセグメント車は前年同月比33%増と大きく増加。中でも、米国西部では56%増、米国南東部では38%増と伸びた。

フォードモーターのマーケティング責任者、アミー・マレンティック氏は、「スーパーセグメントを北米で成長させる。新型エスケープとフュージョンの販売は、新型を投入した2012年以来、好調。両車に対する関心の高さが持続するだろう」と述べている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • フォードモーターの新型コロナウイルスを殺菌できるソフトの開発テスト
  • フォードモーターの米国ミシガン州ディアボーン工場
  • フォードモーターのシカゴ工場
  • フォード・マスタング
  • メルセデスベンツ G500/G550 4x4 スクエアード 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ホンダ N-ONE 新型の予想CG
  • ランドローバー ディスカバリー 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ノビテック マクラーレン セナ チューニングカー

ピックアップ